SONATA ARCTICA「ECLIPTICA」(2000)

  • 2009/09/27(日) 00:00:00

ECLIPTICA.jpg
【No.183】
★★★★★(2000)
年間ベスト2000年第4位

1999年(日本デビューは2000年)にフィンランドから彗星の如く現れたメロディック・パワーメタルバンドSONATA ARCTICA衝撃のデビューアルバム。「デビュー作でここまでのものを作ってくるバンドもいるのか」という感嘆の言葉が自然と漏れてしまう出来栄えです。透明感と哀愁に満ち満ちたメロディを乗せた疾走チューンを、キラキラ感たっぷりのキーボードとテクニカルなギターワークで盛り上げるこのバンドの音楽性は「VISIONS」~「INFINITE」期STRATOVARIUS meets 初期ROYAL HUNTといった感じでしょうか。

この手のバンドによくある序曲から始まるといった小細工はなく、プレイボタンを押した途端に疾走する①Blank Fileからして度肝を抜かれました。アルバム収録曲中8割がスピードチューンという偏った構成ながら、そのどれもが悶絶級のメロディ/フレーズをビシバシ決めているのが凄いですね。このバンドの場合、キーボードがギターと同じくらい前に出てることもあって、ジャケットのイメージとリンクした北欧らしい輝きを各曲が纏っているのも好印象。そんなキラキラキーボードに対するJani Liimatainenのギターも負けてなくて、名曲③8th Commandmentでの切れ味鋭いリフなどでしっかりアピールしています。豊潤なメロディが押し寄せてくる②My Land、「Runaway Runaway Runaway~♪」のサビに大合唱必至な⑥Full Moon、煌びやかなキーボードが乱舞する⑧Unopenedといった充実のスピードチューンのみならず④Replicaのようなバラード系や、長尺ナンバー⑩Destruction Preventerも出来が良いという点にも、このバンドとメインソングライターTony Kakko(Vo、Key)の非凡さを感じずにはいられません。

本作リリース時のメンバー平均年齢が20.2歳というのも驚きで、本作にも「若さから来る荒削りな部分」もあるんだけれど、それが「思い切りの良さ」「爆発力」といったポジティブな要素になっている名盤。メロディックメタル好きにとってのマストアイテムです。…という感じで、バンドの将来に期待していたのですが、作品を重ねるごとに僕が本作で感じた魅力がどんどん希薄になってきて、3rd「WINTERHEART’S GUILD」までしかチェックしてなかったりします。

【音源紹介】
・8th Commandment