ARENA SWEDEN「ARENA SWEDEN」(2004)

  • 2009/03/29(日) 10:51:32

ARENA SWEDEN
【No.118】
★★★(2005)

スウェディッシュ・メロディックロックの至宝BAD HABITのメインソングライターHal Johnston(G)Dennis Radoicic(Vo)と組んだポップロック・デュオARENA SWEDENの1stアルバム。ちなみにHal Johnstonはこの頃からHal Marabel名義で活動しています。本作で聴けるサウンドはBAD HABITの名盤「ADULT ORIENTATION」よりも軽めの音作りで、ギターソロもほぼ皆無なのでメロディアス・ハード的な作品を求めると拍子抜けしますが、純粋にメロディが作品の焦点となっているためHalのメロディセンスを堪能するにはいい1枚だと思います。

ダンサブルなビートも取り入れた明るいメロディが弾けるアップテンポ①Take On The World、スパニッシュな雰囲気もあるサビが秀逸な②Show Me The Way、天才メロディメイカーHalの真骨頂ともいえる美旋律バラード③Heavenというアルバム冒頭3曲が素晴らしいですね。その後はこれら3曲に比べると少し弱い気もしますが他の楽曲も十分魅力的だし、甘く清らかな美旋律に身を委ねたくなる⑥Don’t Be Afraidはアルバム中盤のハイライトとなっています。この曲の「You are the only one that I’m thinking of~♪」というサビは凄く耳に残ります。全11曲のどれもが2~3分とコンパクトなので最初は食い足りないかなという気もしましたが、この手軽さが何度も繰り返して聴けるメリットにもなっていると思えてきました。

本作でHalの相棒を務めるDennisのボーカルは可もなく不可もなくという感じながら、力んで歌うこともあるBax Fehling(Vo/BADHABIT)以上にこのアルバムのライトポップ路線にはマッチしています。僕の記憶が確かならば本作が発表された2004年当時、BAD HABITは解散状態にあったためHalの新たな活動の場としてこのデュオが結成されたのかな。その後、BAD HABITが活動を再開したためARENA SWEDEN名義のアルバムはこの作品のみのようです。

【音源紹介】
・Show Me The Way