FC2ブログ

ART OF GRADATION「CONCENTRATION」(2013)

  • 2019/08/08(木) 00:00:00

CONCENTRATION.jpg
【No.533】
★★★★(2013)
年間ベスト2013年第4位

3rd「GENESIS」(2012)制作時までLIGHT BRINGERに在籍しDream!を始めとする名曲を生み出してきたKazu(G、Vo)がラブリー脱退後に立ち上げたART OF GRADATIONの1stアルバム。作曲面では勿論Kazuが中心となりつつ、キーボード奏者Reanne(後にOCTAVIAGRACEに在籍)も3曲を手掛けています。それ以外のメンバーはアニメ声タイプのMichiruと元CROSS VEINという経歴を持つIbukiの女性ツインボーカル、2012年までLIGHT BRINGERでプレイしていたSeiya(G)、Satoru(Ds)というラインナップとなっています。Satoruはアルバム完成後の加入ですがLIGHT BRINGERのソングライターを含む元メンバー3人を擁するART OF GRADATIONがLIGHT BRINGERの4th「SCENES OF INFINITY」(2013)と同日にアルバムをリリースするということで、ラブリーファンとしては発売日をかなり楽しみにしていた記憶がありますね。

本編に登場するメロディをもとにした序曲①Concentration(instrumental)に続いて挨拶代わりに繰り出されるKazu作の②REAL、Reanne作の③determinationがどちらも初めて聴いた時から口ずさめてしまうナンバーで掴みは上々。しかし本作の真価はそれ以降の楽曲にこそあると思います。バッハのフーガの旋律を奏でるパイプオルガンに始まりチェンバロ風のキーボードがネオクラシカルな雰囲気を放つ④「仮面の月」、哀愁のメロディが冴えるミドル⑤Rain Pain Rainから曲名が示す通りの飛翔系メロパワチューンにして本作のハイライトとなっている⑥SKY!!に繋がる流れが素晴らしいですね。⑦「ハジマリの空」ではモダンかつヘヴィな側面も見せてくれるし、和のテイストが漂う哀メロチューン⑧「サクラビト」、キャッチーなサビが耳から離れないアニソンタイプの⑨Zonic Elementsなども大好きな曲です。アルバム終盤もJ-POPのヒットバラードとしてラジオから流れてきそうな⑩daily、それまでの楽曲にはなかったグルーヴ感のある演奏を取り入れつつサビは伸びやかで希望に満ちた⑪Our Songといった佳曲が並びます。ただし初回プレス限定のボーナストラック⑫「奏」は本編に比べると少し物足りないかな。

LIGHT BRINGERのサウンドはメロディックメタル+アニソン+90年代J-POP+超絶技巧インストで構成されていたのに対して、ART OF GRADATIONはメタリックな要素は味付け程度で90年代J-POPに軸足を置きつつアニソンテイストも取り入れている感じですね。プログレメタル系の曲を生み出すHibiki(B/LIGHT BRINGER)、LIGHT BRINGERのポップサイドを担っていたKazuというイメージそのままに本作でも彼のメロディセンスが存分に発揮されています。そのメロディを伝えるシンガーについてはトリプルボーカル体制をとっているものの曲の大半を歌うのはMichiruでIbukiとKazuはサポートに徹している感が強いのでシンガーが3人いることが大きな武器になっているというわけではないのが残念。個々の歌唱力を見てもFuki(Vo/LIGHT BRINGER)と比較するとその差は大きいと言わざるを得ないですね。ただし良くも悪くもクセのないMichiruの歌はメロディの魅力を真っ直ぐに伝えるという意味ではアリだと思います。またKazuの歌は確実に上手くなっていますね。ボーカル面に物足りなさを感じるし、HR/HMを期待して聴くとかなりソフトで拍子抜けするのは事実ながら、それを補って余りある珠玉の旋律が味わえる1枚に仕上がっています。これだけの充実盤を生み出してくれたART OF GRADATIONですが本作のみでバンドは解散…というかSCRAMBLED SOUL CIRCUSに移行したようです。

【音源紹介】
SKY!!

【CD購入録】FROZEN CROWN「CROWNED IN FROST」(2019)

  • 2019/03/26(火) 00:00:00

【CD購入録】
CROWNED IN FROST
FROZEN CROWN「CROWNED IN FROST」(2019)

BE THE WOLFとは異なるメロディックメタルを追求するためにFederico Mondelli(Vo、G)が立ち上げたFROZEN CROWNの2作目。2018年1月にデビューアルバム「THE FALLEN KING」、10月にはBE THE WOLFで3rd「EMPRESS」を発表しつつ、早くも本作を完成させる辺りFedericoは現在のりにのっているようですね。今回も疾走感のあるメロディックメタル道をひた走っていますが、序曲①Arctic Galesだけでなく⑧The Wolf And The Maiden、⑩Enthronedや日本盤ボーナス⑫The King's Restといったインストも収録していて、よりドラマティックな方向性を目指していることが窺えます。肝心のメロディという点では前作に軍配があがるもののMVも制作された②NeverendingからFedericoのグロウルもフィーチュアした⑤Winterfallまでの畳み掛けはなかなか良いですね。ちなみに④Battles In The Nightはアニメ聖闘士星矢のフェニックス一輝を題材にした曲だというのもアニソンをカバーすることが多いイタリアのバンドらしさを感じさせてくれます。Federicoの中では既に次のアルバムの構想もあるようなので今後も注目していきたいですね。

【CD購入録】TOBIAS SAMMET'S AVANTASIA「MOONGLOW」(2019)

  • 2019/02/20(水) 00:00:00

【CD購入録】
MOONGLOW.jpg
TOBIAS SAMMET'S AVANTASIA「MOONGLOW」(2019)

Tobias Sammet(Vo)EDGUYと並行して活動を続けているメタルオペラ・プロジェクトTOBIAS SAMMET'S AVANTASIAの8作目。ゲストシンガーは過去作でも歌っていたMichael Kiske(HELLOWEEN、UNISONIC)、Jorn Lande(JORN、ALLEN-LANDE)、Ronnie Atkins(PRETTY MAIDS)、Bob Catley(MAGNUM)、Geoff Tate(ex-QUEENSRYCHE)、Eric Martin(MR.BIG)に加えて今回はCandice Night(BLACKMORE'S NIGHT)、Hansi Kursch(BLIND GUARDIAN)、Mille Petrozza(KREATOR)らが初めて参加しています。音楽性としては近作と同じくメロディックパワーメタルの枠に収まりきらない多彩なHR/HMが展開されていてTobiasの非凡なソングライティング能力が発揮されていますね。プレイボタンを押すと同時にTobiasが静かに歌うサビから始まる①Ghost In The Moonは新鮮だし、母国ドイツの先輩HansiとMilleの個性を活かすのに最適なパートが用意された②Book Of Shallows、Candiceの清廉な歌声をフィーチュアした③Moonglow、ケルティックなサウンドと曲後半で疾走する構成が3rd「THE SCARECROW」(2008)のタイトル曲を思い起こさせる④The Raven Childなど序盤からして充実しています。また後半も活気あふれる⑧The Piper At The Gates Of Dawn、Tobias曰くMichael Kiskeの声をイメージして作曲したというパワーメタル⑩Requiem For A Dreamといった曲がアルバムを盛り上げてくれます。個人的な好みとしてAVANTASIAの最高傑作と言えるかは微妙ですが今回も愛聴盤となりそうです。

【CD購入録】AMARANTHE「HELIX」(2018)

  • 2018/11/14(水) 00:00:00

【CD購入録】
HELIX.jpg
AMARANTHE「HELIX」(2018)

デビュー当時からトリプルボーカルの一角としてクリーンボイスを担当してきたJake E(Vo)が前作「MAXIMALISM」(2016)リリース後に脱退、後任にDYNAZTYのフロントマンNils Molinを迎えるという驚きのメンバーチェンジがあったAMARANTHEの5作目(Nils加入後の第1弾)を買いました。Jakeはデビュー作収録の代表曲Hungerなどの作曲に関わっていたし、彼が新たに結成したCYHRAの「LETTERS TO MYSELF」(2017)も充実した内容だったのでJake離脱がAMARANTHEにどう影響するのか心配していましたが、今回も親しみやすいメロディたっぷりの洗練されたメタルサウンドを聴かせてくれています。メインライターのOlof Morck(G/DRAGONLAND)と現代メタル界の歌姫Elize RydがいればAMARANTHEとして成り立つことを再確認しましたね。新加入のNilsも実力者だけあって確かな存在感を発揮しているのは流石です。今回は初期作品で顕著だった爆発的な盛り上がりを抑えたシリアスな作風なのでこのバンドにしては第一印象が地味だし、決めの1曲もないように思いますがAMARANTHE節に溢れたアルバムです。

【CD購入録】FROZEN CROWN「THE FALLEN KING」(2018)

  • 2018/10/15(月) 00:00:00

【CD購入録】
THE FALLEN KING
FROZEN CROWN「THE FALLEN KING」(2018)

今月に3rd「EMPRESS」をリリース予定のイタリア産ハードロックバンドBE THE WOLFの中心人物Federico Mondelli(Vo、G)が立ち上げたニューアクトFROZEN CROWNの1stアルバムを買いました。FedericoはX JAPANや日本のアニメやゲームに影響を受けていたりCHILDREN OF BODOM、SONATA ARCTICA(初期)といったフィンランドのメタルバンドもお気に入りだったりするらしく本作では時折グロウルを交えたメロディックメタルが展開されています。オープニングを飾る①Fail No Moreはキラキラサウンドと哀メロは控えめながら曲調はSONATA ARCTICAっぽいし⑨EverwinterNIGHTWISH⑩NetherstormはCHILDREN OF BODOMを連想させますね。お気に入りはFedericoのメロディセンスが光る哀愁のミドル②To Infinity、⑧Across The Sea、MVも制作された③King辺りでしょうか。女性ボーカルGiada "Jade" Etroは強烈な個性こそないものの、聴きやすい声質なのでメロディがストレートに伝わってきますね。2018年ブライテストホープの有力候補が現れました。

【CD購入録】陰陽座「覇道明王」(2018)

  • 2018/06/11(月) 00:00:00

【CD購入録】
覇道明王
陰陽座「覇道明王」(2018)

来年で結成20周年を迎える陰陽座の14作目を買いました。前作「迦陵頻伽」(2016)で表現の幅をグッと広げた彼等でしたが今回はバンドの根幹、つまりヘヴィメタルの部分にスポットを当てた1枚という感じですね。シングルとしてもリリースされた④「桜花忍法帖」は流石にキャッチーな仕上がりとなっているものの、アルバム全体としては即効性はさほど高くなく初めて聴いた時は微妙な印象もありました。ところが数回聴いた頃にはどっしりと構えた堂々たるサウンドに引き込まれましたね。特に①「覇王(はおう)」、⑨「鉄鼠の黶(てっそのあざ)」の2曲はグイグイと引き込まれ、漠然とですが陰陽座が更に一皮むけたと感じさせてくれるナンバーです。バラードを収録せず徹頭徹尾ヘヴィメタルでありながら、曲毎に絶妙な表情の変化を見せる瞬火(B、Vo)のソングライティング能力に脱帽ですね。第一印象としては前作に軍配が上がるのは事実ながら、今回も陰陽座らしいサウンドを堪能できるので聴き込むうちに感想がどう変化してくるのか楽しみです。

AMARANTHE「MAXIMALISM」(2016)

  • 2018/03/16(金) 00:00:00

MAXIMALISM.jpg
【No.510】
★★★(2016)

デビュー以降コンスタントにアルバムを発表し、その度に単独で来日したりメタルの祭典LOUD PARK2011、2014に出演したりと日本でもすっかり地位を確立した新世代メタルバンドの注目株AMARANTHEの4thアルバム。本作がリリースされる直前にはHELLOWEENのジャパンツアーのスペシャルゲストとして来日しています。初期2作品に比べて3rd「MASSIVE ADDICTIVE」(2014)は良くも悪くもメタル度が減少していましたが今回は更にメタル離れが進み、デジロックサウンドが強調されているように思います。メタルの要素が存在するのは事実ながら、コテコテのサウンドとは真逆の洗練性がありポップミュージックの要素も大胆に取り入れたAMARANTHEの作風をリーダーOlof Morck(G/DRAGONLAND)は「ハイブリッド・メタル」と表現しているようですが納得感がありますね。

Jake E(Vo)、Henrik Englund(Vo)のクリーンボイスとグロウルが絡み合いながら緊張感を高めていきElize Ryd(Vo)がサビで開放感のあるメロディを歌う①Maximize、キャッチーなサビからスタートするAMARANTHEの王道チューン②Boomerangの2曲で掴みはOK。③That Songは他の曲と毛色が違うため異彩を放つもののQUEENWe Will Rock Youを彷彿とさせる「ドン ドン シャッ」のリズムがインパクト大だし、続く④21も前作収録のDrop Dead Cynicalに似た縦ノリ系なのでこういった曲調がAMARANTHEの新たな定番となってきている感がありますね。個人的には①、②やダンサブルな⑤On The Rocksのような曲の方が好きですが。そんな音楽性の拡散に合わせるようにElizeのボーカルもこれまでになかったようなアプローチを取り入れていて⑤で聴ける「フゥッ!」の掛け声はカッコいいし、⑩Supersonicではソプラノボイスにも挑戦しています。またアルバム本編を締めくくる⑫EndlesslyはElizeの独唱によるバラードでハリウッド映画の主題歌としても使えそうなスケールの大きさを誇っています。

Elizeの存在感が一段と増す中でも本作はHenrikがメインで歌うメロデスタイプ⑦Fury(ElizeとJakeをディスった歌詞も面白い/笑)、Jakeが作曲に加えて歌唱面でも大きく貢献した⑧Faster、⑨Break Down And Cryなど影が薄くなりがちだった男性ボーカル陣にスポットが当たっているのも好印象。これを契機にElize偏重気味だったトリプルシンガーのパワーバランスがよくなっていくことを期待していたのですが、本作をリリースして1ヶ月も経たないうちにJakeが活動休止を発表、その2ヶ月後にはAMARANTHEを脱退してしまいました…。バンドは後任にDYNAZTYのフロントマンNils Molinを迎え、JakeはJesper Stromblad(G/DIMENSION ZERO、ex-IN FLAMES)CYHRAを結成しています。既にDYNAZTYて一定のステイタスを築いているNilsがトリプルボーカル体制のAMARANTHEにマッチするのか期待と不安の両方がありますね。

【音源紹介】
Maximize

AMARANTHE「MASSIVE ADDICTIVE」(2014)

  • 2018/03/04(日) 00:00:00

MASSIVE ADDICTIVE
【No.509】
★★★★(2014)

2011年にセルフタイトル作でデビューするや、メロデス/メタルコア風のサウンドに乗るキャッチーなメロディを個性の異なる3人のシンガーが入れ替わり立ち替わり歌うというスタイルが人気を博し、若手バンドの注目株となったAMARANTHEの3作目。前作「THE NEXUS」(2013)リリース後にグロウルシンガーAndyが脱退、後任にHenrik Englund(Vo/ex-SCARPOINT)を迎えたためAMARANTHEとして初めてメンバーチェンジを経て制作されたアルバムですが影響はそれほど感じられません。良くも悪くもボーカルパートはElize Ryd(Vo)に依るところが大きいことを再確認しました。そのElize嬢は①Dynamiteで炸裂する「ダァイナマァァイ♪」のシャウトで顕著なように、これまで以上に艶と張りのある歌唱を披露していてAMARANTHEでその名を知られて以降KAMELOT、TIMO TOLKKI'S AVALONなどにゲスト参加したことが成長に繋がっているようですね。

シンガーの交代以上に本作はバンドが音楽的アプローチを変えてきたことの方が印象に残ります。従来がメロディックメタル/メロデスに親しみやすいメロディとダンス風のアレンジを加えた作風だとすれば、今回はより幅広い層にアピールできそうなポップロックに通じる大衆的な楽曲を基本としつつメタル的な重さも備えているという感じでしょうか。それを象徴しているのが縦ノリのリズムで進行していく②Drop Dead Cynicalですね。またタイトル曲④Massive Addictiveは文字通り中毒性抜群で、この2曲がアルバムの核となっています。余談ですが「マッシヴ・アディクティヴ」というタイトルは口に出して読みたくなりますね(笑)。

インタビュー記事を読む限りメインソングライターOlof Morck(G/DRAGONLAND)は意図的に変化を狙って曲を書いていたようですが⑤Digital World、⑦Unreal、⑨Danger Zone、⑪An Ordinary Abnormalityなどで聴けるAMARANTHE節も健在。特に⑨のサビはかなりクセになりますね。またこのバンドEでは6曲目に配置されることでお馴染みのバラードは⑥Trueもさることながら⑧Over And Doneが出色の出来だし、その⑧や⑬Exhaleで奏でられる儚げなピアノも今までにはなかった魅力だと思います。トリプルボーカル体制のAMARANTHEはいつかこの単語を使うだろうと思っていた③Trinityもなかなかの佳曲です。メロパワ色が薄まっていることもあって一発で聴き手ををねじ伏せるような爆発力は減退したため、初めの頃はメロディの魅力が低下したように感じたもののリピートするうちに過去作品同様のお気に入り盤となりました。

【音源紹介】
Drop Dead Cynical

AMARANTHE「THE NEXUS」(2013)

  • 2018/02/20(火) 00:00:00

THE NEXUS
【No.508】
★★★★(2013)
年間ベスト2013年第8位

2009年に発表したデモ音源「LEAVE EVERYTHING BEHIND」の時点から注目を集め、国内盤リリース直後には来日公演が決定するなど華々しいデビューを飾ったスウェーデンの新星AMARANTHEの2ndアルバム。セルフタイトルのデビュー作は男女混合のトリプルシンガー体制というもの珍しさもさることながら、キャッチーなメロディに溢れた3分台の楽曲をズラリと並べたクオリティの高い1枚でした。ボーカリストが3人いるので2ndでは新しい表現にチャレンジしてくるのか注目していましたが、今回も充実のデビュー盤で展開していた音楽性をそのまま踏襲していますね。本作の特徴としては元々フィーチュア度の高かった女性シンガーElize Rydの登場頻度が更に上がっていること、ダンス/テクノ風のアレンジが強調されていることが挙げられると思います。AMARANTHEサウンドのど真ん中をゆく①Afterlife、②Invincibleの冒頭2曲を聴いた時点で、前作のファンなら思わずガッツポーズが出てしまうのではないでしょうか。

バンドの根幹部分は変わっていないので、どれだけ充実したメロディが聴けるかが肝になってくるわけですが結論から言うと僕は1stより本作の方が好きですね。アルバムジャケット/ブックレットの世界観とリンクする近未来的なMVが制作されたリーダートラック③The Nexusの哀メロは流石だし④Theory Of Everything、⑤StardustもAMARANTHEらしさ全開のキャッチーなメタルソングです。ここまで③以外はアップテンポの曲ばかりなので、やや一本調子かなと思っていたところに男女クリーンボイスのみで歌うバラード⑥Burn With Me、AMARANTHEにしては珍しくネオクラシカル風のギターソロを盛り込んだドッシリ感のあるミドル⑦Mechanical Illusionで変化をつけているのも好印象。またノリのよさが際立つ⑧Razorbladeのサビは思わず口ずさんでしまうほどだし、ダンサブルなメタル曲⑩Electroheart、ジャーマンメタルを彷彿とさせる躁系メロディが耳に残る⑪Transhuman、スケール感のあるサビメロで本編を締めくくる⑫Infinityなどお気に入り曲を挙げるとキリがありません。

デビュー作の時点で既に完成されたサウンドだったので2枚目のジンクスにハマってしまうのではないかと心配していましたが、本作で新世代メタルのホープとしての地位を確立したと思います。ただし筋金入りのメタルファンからの評価は今ひとつのようで、メタルバンドのデータベースサイトとして僕も重宝しているEncyclopaedia Metallum: The Metal Archivesには掲載されてなかったりします(苦笑)。コンパクトな楽曲を矢継ぎ早に繰り出すのがAMARANTHEの特徴だとは思いますが、前作にもあった「インパクトはあるが飽きがくるのも早い」という課題は今回も感じられます。少し長めの曲を収録するだけでも印象が変わってきそうな気もするのですが…。特に⑫の壮大なメロディはもう少し丁寧に聴かせて欲しかったですね。いくつか注文をつけたくなる点があるものの本作が僕にとってAMARANTHEの最高傑作であることは間違いありません。

【音源紹介】
The Nexus

AMARANTHE「AMARANTHE」(2011)

  • 2018/02/04(日) 00:00:00

AMARANTHE.jpg
【No.507】
★★★★(2011)
年間ベスト2011年第10位

男女クリーンボイスにデス声担当を加えたトリプルボーカル体制が話題となったスウェーデンの新星AMARANTHEのデビューアルバム。バンドの創設者はメロパワバンドDRAGONLANDの中心人物Olof Morck(G)で、彼が一時期DREAM EVILにも在籍したことのあるJake E(Vo/DREAMLAND)とプロジェクトを立ち上げたことがAMARANTHE誕生のきっかけのようです。当初は多くのゲストを迎える予定だったそうですが女性ボーカルElize Ryd、グロウル担当のAndyが歌った時に2人のパフォーマンスがバンドには最適と判断し、そこから本格的なバンドへと変化したそうです。シンガーが3人いることに注目が集まりがちですが、メロデス風のスタイルを基本としつつテクノ/トランス風のアレンジも取り入れたSOILWORK meets BLOOD STAIN CHILDと表現できそうなサウンドの中で輝くキャッチーな歌メロがAMARANTHE最大の武器でしょう。

まずは冒頭4曲①Leave Everything Behind、②Hunger、③1.000.000 Lightyears、④Automaticがいずれも即効力抜群で一気にAMARANTHEの世界に引き込まれます。どれも甲乙付け難いですが中でも③はこのバンドの魅力を凝縮した1曲だと思うし、本作唯一のバラード⑥Amaranthineもしっとり聴かせる高品質な仕上がりとなっています。また⑧Call Out My Nameのようなダンスメタルも収録していてB級感が抜け切らないメロパワバンドDRAGONLANDのギタリストOlofが、これほどポップで大衆性を備えたメロディセンスを持っていたとは驚きです。AMARANTHEはOlofとJake Eが作曲の中心となっているようなので2人のケミストリーによって、AMARANTHEサウンドができあがっているのかもしれませんね。

初めて聴いた時から口ずさめそうなキャッチーな楽曲群はどれも3〜4分台のコンパクトなものばかりで聴きやすいし、アルバムとしてもデビュー盤とは思えないほどの完成度を誇っているので普段メタルを聴かないリスナーをも取り込む魅力を秘めているのではないでしょうか。日本での注目度も高く2011年4月にデビューすると7月に初来日、10月にはLOUD PARK 11に出演するなどニューアクトとして申し分のないスタートを切っています。ただし各曲が似通っていることもあってアルバムとしてのメリハリがあまり感じられないのも事実で、中盤以降は何曲目を聴いていたのかわからなくなることもありますね。聴き始めの頃はかなりのお気に入り盤だったのですが、個人的には繰り返し聴いているうちに飽きがくるのも早かったりします。というわけで注文をつけたくなる点がなくはないものの新世代メタルの大型新人として十分のインパクトを持った1枚です。

【音源紹介】
1.000.000 Lightyears

【CD購入録】KISKE/SOMERVILLE「CITY OF HEROES」(2015)

  • 2017/03/14(火) 00:00:00

【CD購入録】
CITY OF HEROES
KISKE/SOMERVILLE「CITY OF HEROES」(2015)

PLACE VENDOME、UNISONICなどでも精力的に活動するMichael Kiske(Vo/ex-HELLOWEEN)と、様々なメタルバンドへのゲスト参加を経てSascha PaethプロデュースのTRILLIUM名義で2011年にアルバムを発表した女性シンガーAmanda SomervilleによるデュエットプロジェクトKISKE/SOMERVILLEの2作目を買いました。本作のソングライティング面の中核を担うのはMat Sinner(B)、Magnus Karlsson(G)PRIMAL FEAR組で⑥Breaking NeptuneのみSander Gommans(G/ex-AFTER FOREVER)とAmandaの共作となっています。全体的な印象としてはPLACE VENDOMEよりもメタル寄りで、曲によってはゴシックメタル風のアレンジも垣間見えます。いかにもオープニングという感じの勢いがある①City Of Heroes、ジャーマンメタル系の明るいメロディを持った⑧Open Your Eyes、ポップフィーリングに溢れる⑫Right Nowなどがお気に入りです。それにしても、ここ最近のMichaelはかなりのハイペースで作品を発表していますね。特に2009年〜2017年の間にはKISKE/SOMERVILLE、PLACE VENDOME、UNISONICでフルアルバムを7枚もリリースしているし、それに加えてAVANTASIAなど多数のプロジェクトにゲスト参加しているため彼が歌う新曲が毎年発表されているのではないでしょうか。Michaelの大ファンの僕としては嬉しい反面、供給過多に感じて有り難みが薄れてしまっている、というのが正直なところです。贅沢な話だというのはわかっているのですが…(苦笑)。

【CD購入録】陰陽座「迦陵頻伽」(2016)

  • 2016/12/01(木) 00:00:00

【CD購入録】
迦陵頻伽
陰陽座「迦陵頻伽」(2016)

有望株が続々とデビューしている国産バンド勢の中でも僕が大きな信頼をよせている陰陽座の13作目を買いました。バンドを代表する楽曲にしてアニメ「バジリスク〜甲賀忍法帖〜」の主題歌でもある甲賀忍法帖(6th「臥龍點睛」収録)の続編にあたる⑫「愛する者よ、死に候え」の先行MVを聴いて期待が高まったので、以前から興味のあった「バジリスク」の漫画版を読んでみました。物語の内容を知った上でMVを視聴すると更に味わいが増しますね。楽曲単体としても陰陽座の新たな代表曲と呼べる逸品だと思います。美しい声を持つ空想上の生物「迦陵頻伽(かりょうびんが)」を冠した作品ということもあってかアルバム全体としては瞬火(B、Vo)とのツインボーカルは健在ながら、これまで以上に黒猫(Vo)が歌うパートが多く彼女にスポットを当てた作風のように感じました。オープニング曲①「迦陵頻伽」のディープな歌い出しから⑫の高音パートまで、表情豊かな黒猫の歌唱が冴え渡っていますね。物々しい曲名とは対照的にアルバム随一のキャッチーな歌メロを持った④「刃」、これぞ忍法帖シリーズ!といった曲調の⑧「氷牙忍法帖」辺りもお気に入りです。

【CD購入録】AMARANTHE「MAXIMALISM」(2016)

  • 2016/10/20(木) 00:00:00

【CD購入録】
MAXIMALISM.jpg
AMARANTHE「MAXIMALISM」(2016)

2016年9月にHELLOWEENと共に来日した新世代メタルバンドの注目株AMARANTHEの4作目を買いました。冒頭の①Maximize、②Boomerangでいきなり発揮される「男女クリーンボイスとグロウルが絡み合うキャッチーなメタルサウンド」というAMARANTHEらしさは本作でも健在です。QUEENWe Will Rock Youを彷彿とさせるリード曲③That Songを先行で聴いた時は従来とは異なる曲調に戸惑いもありましたが、アルバムの流れの中で聴くとなかなか好感触。正直なところ個々の楽曲のインパクトとしては初期2作品に及ばないし、金太郎飴状態になりつつある感も否めませんが魅力的なメロディ満載のコンパクトな楽曲群はリピートを誘われますね。

BLOOD STAIN CHILD「EPSILON」(2011)

  • 2016/10/13(木) 00:00:00

EPSILON.jpg
【No.480】
★★★★(2011)

メロディックデスメタルをテクノ/トランス調のアレンジで聴かせるという独自のサウンドを前作「MOZAIQ」(2007)で確立したBLOOD STAIN CHILDの5thアルバム。「MOZAIQ」から専任シンガーのSadewが加入しワールドデビューも果たしたため、ここからエンジン全開で活動していくのかと思いきや、そうはいかなかったようでSadewや創設メンバーでもあるViolator(Ds)の脱退、レーベル移籍などがあり前作から約4年が経過してのニューアルバムとなります。本作の注目ポイントは何といってもSadewの後任にバンドが迎えたギリシャ出身の女性ボーカルSophiaと、それに伴うトランス色の更なる強化でしょう。最早メタルというジャンルでは括りきれない楽曲もチラホラありますが、一段とメロディアスになった本作の音楽性は結構好きですね。

そんな非メタル系ナンバーとして挙げられるのが③STARGAZER、⑥ELECTRICITY、⑨Dedicated To Violatorなどで特に③のキャッチーなメロディの魅力はバンド史上最高。本作のキラーチューンですね。アルバム全体で7割程度、③と⑥ではほぼ全てのボーカルパートを任されているSophia嬢の歌唱力はさほど高くなく一本調子に感じられるものの②FOREVER FREE④S.O.P.H.I.Aを聴いていると感情を抑えた彼女の歌い方は近未来的なトランスサウンドを持ち味とするBLOOD STAIN CHILDとマッチしていると思います。バンド史上初となるバラード⑫SAI-KA-NOも彼女がいるからこそできたナンバーでしょう。その一方でアルバムの軸となっているのは、あくまでもメタリックな楽曲群で⑤Unlimited Alchemist⑧MOON LIGHT WAVEIN FLAMESっぽさ漂う⑪La+などがお気に入りです。

前作で確立したトランスメタルの更なる進化に一役買っているのがDISARMONIA MUNDIの中心人物にして本作リリース元のレーベルCORONER RECORDSのオーナーでもあるEttore Rigottiで、彼の方からバンドに対して「君たちの音楽は素晴らしいのに、なぜあまり知られていない!?君たちをもっと世界に広めたい!」とラブコールを送ってきたそうです。Ettoreが共同プロデューサーを務めたこともあってか、これまで以上にサウンドが洗練されたように感じますね。今度こそBLOOD STAIN CHILDの快進撃が始まるかと期待したのですが、本作リリース後も活動は順調ではないようで2012年2月にSophiaが脱退したため同年12月に後任として女性シンガーKiKiを迎えてシングル「LAST STARDUST」を発表するも、2016年にはKiKiのみならずオリジナルメンバーのひとりRyo(B、Vo)までもがバンドを離れています。更に残念なのはセンス抜群の音使いとアレンジで今のブラステサウンドの中核を担ってきたAki(Key)がサイトのメンバーリストからひっそりと姿を消していることですね。バンドは2016年6月に男性ボーカルSaikaを迎えたことをリニューアルしたHPで発表し、ニューシングル「NEXUS」もリリースしたようなのでこのままフルアルバムの制作に入ってもらいたいところです。今のメンバーでどんな作品が生まれるのか未知数なので一抹の不安もありますが…。

【音源紹介】
STARGAZER

【CD購入録】TOBIAS SAMMET'S AVANTASIA「GHOSTLIGHTS」(2016)

  • 2016/01/31(日) 00:00:00

【CD購入録】
GHOSTLIGHTS.jpg
TOBIAS SAMMET'S AVANTASIA「GHOSTLIGHTS」(2016)

2016年の新譜初買いは、誕生から15年を数えるTobias Sammet(Vo/EDGUY)主宰のメタルオペラ・プロジェクトTOBIAS SAMMET'S AVANTASIAの7作目です。今回のゲストシンガー陣の主な顔ぶれはMichael Kiske(Vo/UNISONIC、ex-HELLOWEEN)、Jorn Lande(Vo/JORN、ALLEN-LANDE)、Ronnie Atkins(Vo/PRETTY MAIDS)、Bob Catley(Vo/MAGNUM)といった以前からのメンバーに加えDee Snider(Vo/TWISTED SISTER)、Geoff Tate(Vo/ex-QUESNSRYCHE)、Marco Hietala(B、Vo/NIGHTWISH)らが初参加しています。前作「THE MYSTERY OF TIME」(2013)がAVANTASIAの作品としては今ひとつツボにはまらなかったし、EDGUYも僕の好みから徐々にずれてきているように感じていたので一抹の不安もありましたが今回はなかなか良さげですね。コンパクトかつキャッチーな歌モノから劇的な大作、ミステリアスなナンバー、メロディアスなバラードなどTobiasの多彩なソングライティング能力が遺憾なく発揮されているアルバムの中でもKiskeのハイトーンが冴え渡るタイトル曲⑤Ghostlightsがいいですね。この手のメロパワは大好物です。また僕が買った初回生産限定盤にはライブ音源11曲入りのボーナスCDが付いているので聴き応えがありますね。同時に買ったDREAM THEATER「THE ASTONISHING」をなかなか聴けずにいます(笑)。

【CD購入録】AMARANTHE「MASSIVE ADDICTIVE」(2014)

  • 2014/10/16(木) 00:00:00

【CD購入録】
MASSIVE ADDICTIVE
AMARANTHE「MASSIVE ADDICTIVE」(2014)

2011年にデビューして以降、順調に活動を続けるAMARANTHEの3作目を買いました。前作「THE NEXUS」(2013)リリース後にデス声担当のAndy(Vo)が脱退、後任にHenrik Englund(Vo/ex-SCARPOINT)が加入しています。本作を聴く限りメンバーチェンジの影響はさほど感じられず、今回もAMARANTHEらしいキャッチーでコンパクトな楽曲が並んでいます。基本線はこれまでと同じですがバンドの独自性でもあるテクノサウンドとの融合をより大胆に取り入れていること、フィーメルシンガーElize Rydの歌声に艶と張りを増している点に進化の跡が感じられますね。楽曲面でも先行で公開されていた②Drop Dead Cynicalを筆頭に④Massive Addictive、⑨Danger Zone、⑫Exhaleなどは1度聴いただけでメロディが耳から離れない強力なナンバーとなっています。ただ過去2作品の序盤にあったような圧倒的な畳み掛けが今回はないので、このバンドのアルバムにしては第一印象のインパクトは若干弱い気もしますね。

【CD購入録】陰陽座「雷神創世」(2014)

  • 2014/09/30(火) 00:00:00

【CD購入録】
雷神創世
陰陽座「雷神創世」(2014)

11th「風神界逅」と同時に発売された陰陽座の12作目を買いました。独特の雰囲気を持ったオープニング①「雷神」に続いて炸裂する陰陽座らしいドラマティックなメタル②「天獄の厳霊」もさることながらボーカルはグロウルのみというハードチューン④「人首丸」黒猫(Vo)によるコブシを効かせた歌い回しと和音階がフックになっている⑤「夜歩き骨牡丹」、跳ねるリズムとコミカルな歌詞が楽しい⑦「天狗笑い」といった楽曲群が陰陽座の独自性を物語っているように思います。また13分近くある大作⑨「累」も聴き応えがありますね。「風神界逅」と合わせると全24曲というボリュームになるため、現時点で両作品の全容を掴めたとは言えない状況ですが今回も愛聴盤となりそうです。10th「鬼子母神」(2011)がそうだったように聴き込むことで、どんどんハマっていく可能性もあるので「風神界逅」→「雷神創世」の順でループしながら当面ヘビロテするつもりです。

【CD購入録】陰陽座「風神界逅」(2014)

  • 2014/09/28(日) 00:00:00

【CD購入録】
風神界逅
陰陽座「風神界逅」(2014)

初のコンセプトアルバムであり、自らの集大成とバンドも自負する「鬼子母神」(2012)を発表して、その活動にひとつの区切りをつけた陰陽座の11作目を買いました。本作は12th「雷神創世」と2枚同時リリースという意欲作で僕は当然両方とも買いましたが、それぞれの作品を1回ずつ聴いた後はこの「風神界逅」をリピートしています。序曲①「風神」がRPGか映画音楽かと思うような曲調であること、先行で公開されていた⑩「雲は龍に舞い、風は鳳に歌う」がスケールの大きな楽曲ということもあって「風神界逅」が「爽」、「雷神創世」は「重」というイメージがありますね。とはいえ本作にもメタリックチューンは収録されているので、陰陽座の持ち味はしっかりとキープされています。陰陽座としては珍しく本作にはリーダー瞬火(B、Vo)によるライナーノーツがついていて、その中で今回の2枚同時リリースは9th「金剛九尾」(2009)制作時に「鬼子母神」の構想と並行して固まっていたことが明かされています。陰陽座(というか瞬火)の創作意欲にはつくづく驚かされますね。さて、これから「雷神創世」をリピートしようと思います。

【CD購入録】ART OF GRADATION「CONCENTRATION」(2013)

  • 2013/09/30(月) 00:00:00

【CD購入録】
CONCENTRATION.jpg
ART OF GRADATION「CONCENTRATION」(2013)

バンドのメインソングライターの一人でありながら2nd「MIDNIGHT CIRCUS」(2010)リリース後にLIGHT BRINGERを脱退したKazu(G)が新たに結成したART OF GRADATIONの1stアルバムを買いました。創作面で中心になっているのはKazuとReanne(Key)なる人物の2人のようですがSeiya(G)、Satoru(Ds)という元LIGHT BRINGER組が加わった(Satoruは本作完成後に加入)ことでLIGHT BRINGERの兄弟バンドという見方をしてしまいますね。いざ聴いてみるとアニソン、J-POP、メタルなど基本要素はLIGHT BRINGERと同じながらメタル成分は低めで他の2要素が前に出ている印象です。また本作ではMichiru、Ibukiという2人の女性シンガーが歌っていて前者はクセがない、後者は力強さも感じさせるタイプですね。LIGHT BRINGERの存在を意識して本作を聴いてしまうため、メインボーカルMichiruのパフォーマンスをFuki(Vo/LIGHT BRINGER)と比べては物足りなさを感じていた僕ですがリピートするうちに彼女の素直な歌声もアリかなと思えるようになってきました。その原因は何と言っても各曲のメロディの良さでしょう。やはりKazuのメロディセンスは目を見張るものがあるし、Reanneが手がけた楽曲も実に魅力的。そんな中でも飛翔系メロパワ⑥SKY!!が大のお気に入りですね。

【CD購入録】TIMO TOLKKI'S AVALON「THE LAND OF NEW HOPE」(2013)

  • 2013/06/29(土) 00:00:00

【CD購入録】
THE LAND OF NEW HOPE
TIMO TOLKKI'S AVALON「THE LAND OF NEW HOPE」(2013)

Andre Matos(Vo/ex-ANGRA、SHAMAN etc)らと一種のスーパーバンドSYMFONIAを結成したものの、僅か1枚で解散したばかりか音楽業界からの引退をも示唆するコメントを発表したTimo Tolkki(G/ex-STRATOVARIUS)でしたが、FRONTIERS RECORDS社長Serafino Perginoから多くのゲストを迎えたメタルオペラ・プロジェクトの提案を持ちかけられ誕生したTIMO TOLKKI'S AVALONの1stアルバムを買いました。プロジェクト名からしてTOBIAS SAMMET'S AVANTASIAを連想せずにはいられませんが、ゲストを見てみるとMichael Kiske(Vo/UNISONIC、ex-HELLOWEEN)、Sharon Den Adel(Vo/WITHIN TEMPTATION)、Elize Ryd(Vo/AMARANTHE)、Russell Allen(Vo/SYMPHONY X、ADRENALINE MOB)、Rob Rock(Vo/DRIVER、ex-IMPELLITTERI)、Tony Kakko(Vo/SONATA ARCTICA)、Jens Johansson(Key/STRATOVARIUS) 、Derek Sherinian(Key/BLACK COUNTRY COMMUNION、ex-DREAM THEATER)、Alex Holzwarth(Ds/RHAPSODY OF FIRE)といった顔ぶれでAVANTASIAに参加していた人もチラホラ、というかシンガーではElyzeとTony以外はAVANTASIAファミリーですね。歌っている比率を踏まえるとTolkkiとElyze、Rob Rockを基本メンバーとしたプロジェクトと言えるかもしれません。内容の方はAVANTASIAがメタルオペラを名乗っていた初期2作品ほどメロパワ一辺倒ではなく、その後の「THE SCARECROW SAGA」を歌ものメタルっぽくした感じでしょうか。ライナーノーツによると、Tolkkiがこのプロジェクトのために書き上げたストーリー「THE LAND OF NEW HOPE」は3部作を予定しているそうなので、 アルバム契約が4枚分あったというSYMFONIAを投げ出した前科があるTolkkiですが(苦笑)今回は完結まで頑張ってもらいたいですね。