マキシマム ザ ホルモン「ぶっ生き返す」(2007)

  • 2016/06/02(木) 00:00:00

マキシマムザホルモン
【No.472】
★★★★★(2007)
年間ベスト2007年第2位

日本の4人組ミクスチャーロックバンドマキシマム ザ ホルモンの4thアルバム。このバンドに関しては「ロッキンポ殺し」(2005)というヘンなタイトルの作品(漫☆画太郎によるジャケットも強烈)がBURRN!誌上でのレビューで70点そこそこだったという印象しかありませんでした。そんな中この作品が一部サイトで高評価を受けていたので興味本位でトライしてみたところ、実に面白いバンドということを発見。本作との出会いは2007年最大の衝撃と言えるほどのインパクトがあり、このブログでも同年の年間ベスト第2位に選出するほどハマりましたね。基本はハードコアなサウンドでありながら、先の読めない曲展開と混沌とした轟音世界の中に突如として切り込んでくるメロディアスパートが絶大なインパクトを誇っています。

各曲が目まぐるしく展開し豊かな表情を見せる作風は「MEZMERIZE」、「HYPNOTIZE」の2作品で僕を魅了したSYSTEM OF A DOWNを連想させますね。裏を返せば2005年にSYSTEM OF A DOWNに出会い、この手のサウンドにある程度の免疫があったからこそ本作を楽しめたのかもしれません。メロディのとっつきやすさとキャッチー度はSYSTEM OF A DOWN以上だし、このバンドは男女ノーマルボイス、シャウト、早口ラップとタイプの異なるボーカルが入れ替わり立ち替わり登場していて曲に絶妙な起伏と緩急をつけることに成功しています。これほどカオティックかつキャッチーな楽曲群を生み出せるマキシマムザ亮君(Vo、G)は正に鬼才。彼の頭の中はどうなってるんでしょうね。

どの曲も一筋縄ではいかないヒネクレっぷりで聴いていて楽しいのですが、重々しいイントロからヘヴィロック調に畳み掛けてきたかと思うと女声ボーカルによる歌謡曲風の叙情パートを経てクサメタリックに疾走する⑫「シミ」がハイライトですね。アルバム全体を通しても自然と身体が揺れてくるグルーヴィなリフに始まりハチャメチャな展開を見せるタイトル曲①「ぶっ生き返す!!」、流麗なメロディと共に駆け抜けるメタル調の②「絶望ビリー」、キュートなメロディを配した③「糞ブレイキン脳ブレイキン・リリィー」からキーボードに彩られたキャッチーなヘヴィロック⑬「恋のメガラバ」までテンションが下がることなく楽しめました。僕にとって馴染みの薄いジャンルから突如現れた名盤だと思います。歌詞は大半が日本語なのにほとんど聞き取れない上に歌詞カードを見ても意味不明だし、おそらく意図的に英語に聞こえるような歌い方をしているため海外のバンドのような感覚もありますね(内容は過激かつ下品だったりするので英詞のように聞こえるのは個人的に歓迎)。キワモノ的な要素もあるバンドなので聴き手を選ぶ音楽性ではありますが、僕のミュージックライフに欠かせない1枚となっています。

【音源紹介】
絶望ビリー

SYSTEM OF A DOWN「HYPNOTIZE」(2005)

  • 2015/09/28(月) 00:00:00

SOAD HYPNOTIZE
【No.446】
★★★★★(2005)
年間ベスト2005年第2位

変態ヘヴィロックバンドSYSTEM OF A DOWNの5thアルバムにして2部作「MEZMERIZE/HYPNOTIZE」の後編。本作の楽曲も「MEZMERIZE」と同時期に制作されたということもあって、前作に収録されていたとしても違和感のないナンバーが並んでいます。「MEZMERIZE」との違いを挙げるとすれば一段と劇的でメロディアスになったという点でしょうか。そんな印象を決定付けているのがアルバムラストに収録された⑪Lonely Days、⑫Soldier Sideの2曲。前者はSYSTEM OF A DOWN史上最もソフトなバラード、後者は悲哀を通り越して悲痛とさえ表現できそうなメロディを持った壮大なナンバーです。特に⑫はタイトルにもある通り「MEZMERIZE」の1曲目で今回の2部作のオープニングでもあるSoldier Side‐Introと共通のフレーズも登場し、大きな感動をもたらしてくれます。

メロディアスな側面が強調された作風とはいえ怒涛のアグレッションや強烈な歌詞、予測不能な曲展開など前作で僕を魅了してくれたSYSTEM OF A DOWNらしさは今回も健在です。曲名そのままに剥き出しの攻撃性で襲いかかってくる①Attack、激しいイントロからの落差が激しいメロウなサビへ繋がる②Dreaming、ツインボーカルで掛け合いをしつつこのバンドらしからぬクサメロで疾走する③Kill Rock & Rollの流れは実に強力。続くタイトル曲の④Hypnotizeはアルバムを象徴するかのようなドラマティックチューンでじわじわと胸に迫ってきます。SYSTEM OF A DOWNならではの変態ソングもしっかり存在していて「ビデビデビデビデ…」な⑦U-Fig、「バナナ バナナ バナナ テラコッタ バナナ テラコッタ テラコッタ パイ!」という意味不明なフレーズに思わず笑ってしまう、それでいてクセになる⑨Vicinity Of Obscenityや奇怪なリズムとDaron Malakian(Vo、G)による音を外し気味な歌がラリった感を醸し出している⑩She's Like Heroinなどは狂気を感じ、聴いていて身震いしてしまうほど。

楽曲のハチャメチャ度合いに関しては前作に一歩譲りますが、それはあくまでもSYSTEM OF A DOWNにしてはという話であって本作でも様々な要素が絡み合う何でもありのサウンドが展開されています。それでいてかなりメロディアスなので、このバンドの作品の中でもかなり効きやすい部類に入るのではないでしょうか。曲間を短くすることで、まるでアルバム自体がひとつの曲であるかのようにスムーズに進んでいく本作は単体でも十分楽しめますが、是非とも「MEZMERIZE」と一緒に聴いて独特の世界観に浸りたいですね。「MEZMERIZE/HYPNOTIZE」の2部作はどちらも全米1位に輝き、前作からのシングルカット曲B.Y.O.B.がグラミー賞のベスト・ハードロック・パフォーマンス賞を獲得するなど活動は順調かと思われましたが2006年にバンドは長期活動休止に入ることを発表。Serj Tankian(Vo、Key)はソロ、DaronはSCARS ON BROADWAY名義で音楽活動を続けていくこととなります。2011年からはSYSTEM OF A DOWNとしての活動を再開してライブは行っているようなので、本作の先にあるスタジオ盤にも期待したいですね。

【音源紹介】
Soldier Side

SYSTEM OF A DOWN「MEZMERIZE」(2005)

  • 2015/09/25(金) 00:00:00

MEZMERIZE
【No.445】
★★★★★(2005)
年間ベスト2005年第1位

バンド名を冠したデビュー作を1998年にリリースするや100万枚以上のセールスを記録、その後OZZFESTへの出演を果たすなどへヴィロックシーンで注目を集めるロサンゼルス出身の4人組バンドSYSTEM OF A DOWNの4作目。「STEEL THIS ALBUM!」(2002)を3rdアルバムと見なすか、アウトテイク集と見なすか意見が分かれているようですが当ブログでは前者の立場をとっています。メンバー全員がアルメニア系移民ということもあってか社会的、政治的なメッセージが込められた歌詞が多く中心人物のSerj Tankian(Vo、Key)は政治団体を立ち上げるなどしているようです。このバンドに関しては2nd「TOXICITY」(2001)が世間的に評価が高かったので名前だけは知っていましたが、メロディアスなHR/HMを好む僕には合わないというイメージが強く実際に聴くことはありませんでした。旅先(たしかバリ島)でたまたま安く売られているのを見つけ、この金額なら失敗してもいいかなと思ったのが本作を購入したきっかけです。

そんな軽い気持ちで手に取った本作ですが、結果的には2005年に聴いた新譜の中で最も重要なアルバムとなりました。陰鬱なイントロ①Soldier Side‐Introに導かれて始まる②B.Y.O.Bの激しく刻むリフをかき消すような「Why do they always send the poor!(どうして戦場に送られるのはいつも貧しい者たちなんだ!)」の絶叫が炸裂した瞬間からSYSTEM OF A DOWNワールドが全開。ゆったりしたパートから突如爆走するこの曲はアルバム中最もメタリックなナンバーで、一筋縄ではいかない曲構成と先の読めない展開に引き込まれます。それ以降も柔/剛、シリアス/コミカルといった相反する要素が絡み合う唯一無二の楽曲群は中毒性が高く、一度ハマると抜け出せません。中でも「エビバデエビバデ…」と早口でまくしたてる⑦Violent Pornographyが異彩を放っていますね。奇想天外で曲作りのセオリーを無視したかのような独創性を持ちながら、魅力的な楽曲として成立してしまうことができるのがSYSTEM OF A DOWNの凄いところです。大半の曲を手掛けるDaron Malakian(Vo、G)の頭の中がどうなっているんでしょうね…。また曲順についても、これしか考えられないほどハマっていて作品としての完成度も申し分ありません。11曲で35分弱という収録時間の短さもあって気がつけば何度もリピートしています。

ハチャメチャなのに整合性があり、狂気に満ちていていながらもキャッチーな本作を一言で表現するとすれば「常人ではたどり着けない変態ヘヴィロック」という感じでしょうか。情感のこもった声で歌い上げたかと思えば素っ頓狂なシャウトを決めるなど変幻自在のパフォーマンスを見せるSerj、そこにやや調子外れながらも味のあるDaronの歌が絡むボーカルパートもSYSTEM OF A DOWNの大きな特徴ですね。ちなみにこのアルバムは2部作「MEZMERIZE/HYPNOTIZE」の1枚目で、バンドは本作リリースの約半年後に続編の「HYPNOTIZE」を発表しています。本作を聴いてすっかりこのバンドに魅了された僕は次作のみならず、過去作品も購入。「HYPNOTIZE」は本作同様、大のお気に入り盤となった一方1st〜3rdはあまり好きになれませんでしたが…。

【音源紹介】
B.Y.O.B

【CD購入録】BLESSED BY A BROKEN HEART「FEEL THE POWER」(2012)

  • 2012/03/07(水) 00:00:00

【CD購入録】
FEEL THE POWER
BLESSED BY A BROKEN HEART「FEEL THE POWER」(2012)

前作「PEDAL TO THE METAL」(2008)収録のMove Your Body00年代の名曲20選に挙げさせてもらったカナダの新世代メタルバンドBLESSED BY A BROKEN HEARTの3作目を買いました。2ndのパーティーロック調の楽しげな雰囲気やキーボードのキラキラ感を若干抑え、よりメタリックな印象が強くなった本作でもとにかくキャッチーなメロディは健在で初めて聴いた時から口ずさめてしまいそうな楽曲が目白押しです。中でもアルバム前半の流れは実に強力で①Deathwish、②Shut Up And Rock、④Foreverやバンド初と思われるバラード⑦I've Got Youが特に気に入っています。惜しむらくは、前半に比べるとやや息切れ気味に感じられるアルバム終盤に配された日本盤ボーナス3曲のうちShred Sean(G)のソロ作品に収録予定のインスト2曲が蛇足に思える点でしょうか。今後リリース予定だというShredのソロの予告的な意味合いもあったのだと思いますが、アルバムの流れ的にもこれはない方が良かったのでは…?という気がしますね。

【現在の愛聴盤】SHINEDOWN「THE SOUND OF MADNESS」(2008)

  • 2009/11/21(土) 00:00:00

【現在の愛聴盤】
THE SOUND OF MADNESS

2008年にHR/HM系のサイト、ブログでその名前を目にすることの多かったSHINEDOWNの3rd「THE SOUND OF MADNESS」をレンタルして聴いています。グランジ/オルタナティブ隆盛後のアメリカン・ハードロックの王道を行くボーカルオリエンテッドな作風はNICKELBACK、DAUGHTRY、BLACK STONE CHERRYといったバンドを連想させ、その中でもNICKELBACKに一番近い印象です。本作については相互リンクさせていただいているむーじゅさんの「はぐれメタラーの音遊生活」で的確にレビューされているので、僕としては「その通り!」と言うしかないのですがPVも制作されたオープニングトラック①Devourの理屈抜きのカッコよさはずば抜けていると思うし、ハネるリズムが肝の⑦Sin With A Grinのサビメロを荒々しい男前歌唱で聴かせたかと思うと、パワーバラード⑧What A Shameでは伸びやかで温かみのあるボーカルを堪能させてくれるBrent Smith(Vo)の絶品ボーカルに惚れ惚れしてしまいます。上に挙げたNICKELBACK、DAUGHTRYなど、このところアメリカン・ハードロックバンドで良作が多いですね。

【CD購入録】KYLESA「STATIC TENSIONS」(2009)

  • 2009/11/03(火) 00:00:00

【CD購入録】
STATIC TENSIONS
KYLESA「STATIC TENSIONS」(2009)

僕の好きなメロディアス系から僕が知らないバンドまで幅広く取り上げてらっしゃる「HR/HMのCDをてけとーにレビューするブログ」様で紹介されているのを見て気になったKYLESA(キュレアーと読むそうです)によるジャケットも強烈な4thアルバムを買いました。この未知なるバンドKYLESAのマイスペースを見てみると、アメリカはジョージア出身の5人組で男女ツインボーカル(2人ともギターも兼任で女性ボーカルも男声っぽい)のみならずツインドラム(!)というラインナップのようです。 正直なところ、このバンドはキャッチーさや美しいメロディを武器にしているというよりは、作品全体が醸し出す混沌とした世界観で勝負するタイプのようなので現時点では何とも評価しかねる状況です。ただ、バンドの個性であるツインドラムが生み出すグルーヴ感はなかなか気持ちいいこともあって、僕の大好きなサウンドというわけではないのにリピートしてしまう不思議な魅力がありますね。僕は音楽的嗜好の新境地開拓のため、年に数枚は今まで知らなかったバンドや普段聴かないジャンルの作品(といっても大体がロック/メタル系ですが)を買うように心がけています。そこから思わぬ名盤に出会うこともありますしね。今年の「新境地枠」ではドゥーム系のABSTRAKT ALGEBRA「ABSTRAKT ALGEBRA」が気に入っていましたが、本作はその次に来るアルバムかもしれませんね。またこのバンドはMASTODONを引き合いに出して紹介されているのを見かけるので、その手のバンドがお好きな方はどうぞ。

【CD購入録】BLESSED BY A BROKEN HEART「PEDAL TO THE METAL」(2008)

  • 2009/09/15(火) 00:00:00

【CD購入録】
PEDAL TO THE METAL
BLESSED BY A BROKEN HEART「PEDAL TO THE METAL」(2008)

各方面で高評価を目にすることが多かったので以前から気になっていたカナダ出身の6人組メタルバンドBLESSED BY A BROKEN HEARTのデビューアルバムを買いました。メタルコアmeetsユーロビートと表現されることが多いこのバンド、数回聴いた現時点での僕の印象はAVENGED SEVENFOLDの「CITY OF EVIL」 meets CHILDREN OF BODOMのキラキラサウンド+ダンスビートという感じです。個人的に嬉しいのはメタル、メロディアスハード、ポップス、テクノなど様々な要素が混在していながら、どの曲にもキャッチーなメロディラインがあってギターパートでは派手に弾きまくってくれているという点ですね。特にメタルとダンスミュージックが見事なバランスを融合してみせた④Move Your Bodyの中毒性の高さはハンパではなく、「ムービョバディ♪ムー ムー ビョ バ~ディ♪」というサビが今も頭の中でグルグルまわってます。本作発表後に初来日を実現させただけでなくLOUD PARK 09にも参戦決定とのことで、日本でも注目度も急上昇しているようですね。どうやらメンバーチェンジがあったようだけど、次作でも本作のような楽しいメタルを聴かせて欲しいなぁ。

【CD購入録】MASTODON「CRACK THE SKYE」(2009)

  • 2009/07/09(木) 00:00:00

【CD購入録】
CRACK THE SKYE
MASTODON「CRACK THE SKYE」(2009)

数年前に2nd「LEVIATHAN」を聴いたものの、今ひとつ好きになれずにいたアメリカ出身のヘヴィロック/メタルバンドMASTODONの4thアルバムを買いました。このバンドの作品はもう買うことはないかなと思った時期もありましたが「プログレっぽくなった」という評判が妙に気になったので再チャレンジ。これまで数回聴いてみましたが、正直「うーん…」という感じです。プログレといってもバンドメンバーの口から出てくるのはKING CRIMSON、PINK FLOYD、YESといった僕にとって馴染みの薄い70年代のバンドなので、プログレッシブロックに精通しておらずDREAM THEATERなどのプログレメタルを少し聴くくらいの僕が、本作の旨みを感じるようになるには更なる聴き込みが必要なのかもしれません。③Quintessenceのボーカルメロディや本編ラスト⑦The Last Baron後半のインストパートなど、いいなと思える瞬間は確かに存在しているし、作品から滲み出る凄みのようなものは感じられるので繰り返し聴くうちにお気に入り度が増すことを期待したい1枚ですね。ただ、問題は他に聴きたいアルバムが多くて本作とじっくり向き合う時間が取れないことでしょうか(苦笑)。その点も含めて長い目で付き合っていく必要がありそうです。

【CD購入録】FACT「FACT」(2009)

  • 2009/06/13(土) 00:00:00

【CD購入録】
FACT.jpg
FACT「FACT」(2009)

日本は茨城県出身、ツインギター編成の能面5人組バンドFACTの2ndアルバムを買いました。僕は時間のある時に大きなCDショップに行くと、HR/HMコーナー→洋楽のロック/ポップスコーナー→邦楽コーナー→インディーズコーナーの順で巡るのですが、予備知識もないままに立ち寄った邦楽コーナーの試聴機で本作と出会いました。バンドの結成は1999年とキャリアは意外と長く、今年で10周年を迎えるFACTは本作で世界デビュー(歌詞は全て英語)も果たしているようです。一筋縄ではいかない音楽性がFACTの魅力でしょうか。デジタルサウンドを交えつつ激しいドラムとツインギターで疾走する中、デス声とクリーンボイスを操るボーカル(メンバー全員が歌っているようです)が生み出す近未来メタルサウンドはSOILWORKの4th「FOLLOW THE HOLLOW」のようにも思えるし、クリーンパートの仄かに切ない歌メロはLOSTPROPHETSの3rd「LIBERATION TRANSMISSION」のようでもあり、そこにプログレメタルにも近い複雑なリズムが絡み、激しさと耳馴染みの良いメロディが混在する辺りはスクリーモと表現してもいいのかもしれません。「自分達の音楽は何でもアリだ」と言わんばかりの「とっちらかった感」がありつつも、その中で最も強いのがメタル的要素だというのが良いですね。シングルにもなった③A Fact Of Lifeは強力だし、聴き込んでいく内に更に味わいが増しそうな気もするので、現時点では今年買った新譜の中でも最高の掘出物と呼べそうなアルバムです。ちなみにオフィシャルサイトにメンバーショットが載っているのですが、全員が能面を被っているので誰が誰なのかサッパリわかりません(笑)。

FACT MEMBER
Takahiro(G、Vo)
Tomohiro(B、Vo)
Eiji(Ds、Vo)
Hiro(Vo)
Kazuki(G、Vo)

【CD購入録】RED「INNOCENCE & INSTINCT」(2009)

  • 2009/04/17(金) 08:14:22

【CD購入録】
INNOCENCE  INSTINCT
RED「INNOCENCE & INSTINCT」(2009)

アメリカ出身のメロディアス・ヘヴィロックバンドREDの2作目です。このバンドの比較対象としてBREAKING BENJAMIN、EVANESCENCE、LINKIN PARKなどが挙げられていますが、僕はこれらのバンドのことはよく知りません。このアルバムには2007年に日本デビューしたDAUGHTRYのようなサウンドを期待して買ってみました。音楽性としてはアルバム全体を包み込むダークで湿り気あるメロディを中心に据え、ゴリゴリしたヘヴィリフと楽曲を盛り上げるストリングスサウンドがアクセントとして用いられています。収録曲は初めて聴いた気がしないほど耳馴染みの良いメロディが多く、Michael Barnes(Vo)もしっとり聴かせるノーマルボイスを軸に、低音スクリームも織り交ぜるなかなかの巧者です。アクションもののハリウッド映画のエンディングなんかでよく流れてそうな、いかにもアメリカ的な王道ヘヴィロックですね。ただ、これまで3~4回聴いてみた印象としては何だか「地味」なんですよね。ボーナストラックを含めて全16曲というボリュームもあり、アルバムの全体像を掴むにはもう少し聴き込みが必要なようです。

【CD購入録】SCARS ON BROADWAY「SCARS ON BROADWAY」(2008)

  • 2009/01/06(火) 08:15:01

【CD購入録】
SCARS ON BROADWAY
SCARS ON BROADWAY「SCARS ON BROADWAY」(2008)

2005年発表の「MEZMERIZE」、「HYPNOTIZE」という2枚のアルバムで僕を魅了してくれたSYSTEM OF A DOWNのソングライターDaron Malakian(Vo、G)John Dolmayan(Ds)が結成した新バンドSCARS ON BROADWAYのデビュー作が2008年の買い納めでした。SYSTEM OF A DOWN本体は「HYPNOTIZE」を最後に無期限活動休止状態のため、2007年にバンドのもう1人の中心人物Serj Tankian(Vo)がソロ作「ELECT THE DEAD」をリリースしたのも記憶に新しいところです。これはSerjのソロ作にも当てはまることなんだけど、SYSTEM OF A DOWNとの共通点は多く「ELECT THE DEAD」がスピリチュアルで混沌さを強めたSYSTEM OF A DOWNだとすれば、本作はストレートでロック寄りになったSYSTEM OF A DOWNといえそうなサウンドです。勿論、本作も十分魅力的ではあるもののDaronとSerjという2人の奇才が作り上げた「MEZMERIZE」、「HYPNOTIZE」に比べると物足りなさが残るかなぁ。本作を聴いてると、1日も早くSYSTEM OF A DOWNとして再始動して欲しいという気持ちが強まります。ところがライナーノーツによると、音楽的方向性の相違に端を発したDaronとSerjの対立が抜き差しならない状態にまで悪化しているとのこと。う~ん、ファンとしては何とか和解して欲しいところですね。