FC2ブログ

【CD購入録】ANCESTRAL DAWN「SOULDANCE」(2017)

  • 2017/06/30(金) 00:00:00

【CD購入録】
SOULDANCE.jpg
ANCESTRAL DAWN「SOULDANCE」(2017)

2013年にデビューしたペルー産パワーメタルバンドNAUTILUZの元メンバーJorge Higginson(B)が立ち上げたANCESTRAL DAWNの1stアルバムを買いました。HigginsonはNAUTILUZのデビュー作「LEAVING ALL BEHIND」(2013)に複数の楽曲を提供していたもののアルバムリリース前に脱退、ANCESTRAL DAWNでリードボーカルを務めるJorge Segersbolも2011年までNAUTILUZに籍を置いていたそうなので、このバンドはNAUTILUZの分家と言えるかもしれません。ANCESTRAL DAWNの音楽性はSegersbolのハイトーンが響き渡る典型的なメロディックパワーメタルでHigginsonが演奏する民俗楽器パンフルートが時折トライバルな雰囲気を醸し出していてブラジルの至宝ANGRAを連想させますね。また本作はFabio Lione(Vo/ANGRA、ex-RHAPSODY OF FIRE)、Mark Boals(Vo/ex-ROYAL HUNT、YNGWIE MALMSTEEN etc)、Ralf Scheepers(Vo/PRIMAL FEAR)、Rick Altzi(Vo/MASTERPLAN、AT VANCE)、Amanda Somerville(Vo)といった実力派シンガーがゲスト参加し与えられた役を演じるメタルオペラでもあるので、この点はAVANTASIAを彷彿とさせます。メロパワの優等生的作品という感はあるものの豪華ゲスト陣が華を添えているし、新人のデビューアルバムとしては高いクオリティを誇っていると思います。

【CD購入録】NAUTILUZ「LEAVING ALL BEHIND」(2013)

  • 2013/07/06(土) 00:00:00

【CD購入録】
LEAVING ALL BEHIND
NAUTILUZ「LEAVING ALL BEHIND」(2013)

南米ペルーから登場したメロディックパワーメタルバンドNAUTILUZのデビューアルバムを買いました。南米というとANGRAHIBRIAを輩出したブラジルはともかく、その他の国はメタル未開の地というイメージがあったのですが「ペルーにこんな逸材がいたのか!」と驚いてしまうほどのクオリティですね、これは。キャッチーで適度にクサいメロディを歌うハイトーンボーカル、弾きまくりのギターとそこに絡むキーボードが乱舞する本作のサウンドは5th「EPISODE」(1996)~8th「INFINITE」(2000)期STRATOVARIUSタイプで僕の大好物です。この手の若手メロパワバンドはシンガーが弱い印象があるのですがSebastian Flores(Vo)の歌唱にB級臭さは感じられないし、演奏やサウンド面も安定しています。楽曲面でもスピードチューンのみならずメロハーっぽい③Burning Hearts、泣きのバラード⑥Unwritten Serenade、女性ボーカルとのデュエット曲⑦Eden's Lairもあっていいアクセントになっていますね。キラーチューンこそないもののアルバムを通して楽しめる本作はデビューアルバムとしては上々の仕上がりだと思うので、これからも今の路線で突っ走ってもらいたいです。なお1,000枚限定プレスとなる本作にはシリアルナンバーがふられていて、僕が買ったのは908番でした。このアルバムがたった1,000枚しかないのは勿体ないな、と思っていたらどうやら8月14日に国内盤がSpiritual Beastからリリースされるようです。