MEAT LOAF「BAT OUT OF HELL Ⅲ‐ THE MONSTER IS LOOSE」(2007)

  • 2016/08/11(木) 00:00:00

BAT OUT OF HELL 3
【No.475】
★★★★(2007)
年間ベスト2007年第8位

1977年に発表されたシリーズ1作目が約3,700万枚、1993年にリリースされた2作目が約1,500万枚とロック史に燦然と輝くセールス記録を樹立したMEAT LOAFのモンスターアルバム「BAT OUT OF HELL」(邦題:地獄のロック・ライダー)の3作目にして、足かけ30年で完結を迎えるシリーズ最終作。これまでの「BAT OUT OF HELL」シリーズといえばJim Steinmanが書いた大仰でドラマティックな楽曲群をMEAT LOAFがクドく、暑苦しく歌い上げるのが大きな特徴でした。それに対して今回はJimのペンによる楽曲は14曲中7曲にとどまり、BON JOVI等を手掛けたヒットメーカーDesmond Childが6曲(全て他のライターとの共作)、AEROSMITHのヒットバラードI Don't Want To Miss A Thingなどの作曲者としても知られるDiane Warrenが1曲を提供しています。

創作面でJimのインプットが少なくなっているほかNikki Sixx(B/MOTLY CRUE)、John 5(G/ROB ZOMBIE、ex-MARILYN MANSON)がDesmondと共作という形で作曲に関わっていたりBrian May(G/QUEEN)、Steve Vai(G)をゲストとして迎えるなどHR/HM畑からの登用が目立つのも本作の特徴ですね。それが顕著に現れているのがオープニングの①The Monster Is Looseで、過去2作にあった華麗なピアノは影を潜めヘヴィなギターが曲を引っ張っています。本作のハイライトは北欧の歌姫Marion Ravenとのデュエットが見事な名バラード③It's All Coming Back To Me Now〜記憶の中へ…、ドラクエのラスボスが現れそうな出だしからクワイアに繋がる小品⑦Monstroに導かれてスタートする飛翔感に溢れたロックチューン⑧Alive、Jim Steinman節全開の⑫Seize The Night辺りでしょうか。ちなみに③は元々JimがプロデュースしたPANDORA'S BOX「ORIGINAL SIN」(1989)の収録曲で後にCeline Dionが歌い大ヒットしたナンバーですがMEAT LOAF曰く、元々は「BAT OUT OF HELL」シリーズのために用意された曲なんだそうです。

上記の曲以外にも聴き応えのある曲が目白押し。Brian Mayがいかにも彼らしいギターを奏でて強烈な個性を放っている④Bad For Good、Diane Warrenのペンによるドラマティックバラード⑤Cry Over Me、ダイナミックな曲調の中でSteve Vaiのギターソロが冴える⑥In The Land Of The Pig, The Butcher Is King(タイトルを見ただけでJim Steinmanの曲だとわかりますね/笑)の流れは申し分ないし、ブラスサウンドがファンキーな雰囲気を生み出す⑩If It Ain't Broke Break It、MEAT LOAFのツアーに長年帯同しているPatti Russoとデュエットした爽やかソング⑪What About Love、映画「DREAM GIRLS」でオスカーを獲得したJennifer Hudsonが力強い歌声を響かせる⑬Future Ain't What It Used To Beなどなどお気に入り曲を挙げだすとキリがありません。本シリーズの生みの親でもあるJim Steinmanの関わりが薄い今回のアルバムは「BAT OUT OF HELL」とは呼べないという声もあるようですが、過去2作品の流れはしっかり受け継いでいると思います。僕は本作から「BAT OUT OF HELL」シリーズにハマりました。

【音源紹介】
・It's All Coming Back To Me Now〜記憶の中へ…

THE RASMUS「BLACK ROSES」(2008)

  • 2015/11/28(土) 00:00:00

BLACK ROSES
【No.455】
★★★(2008)

フィンランドが誇るメランコリックロッカーTHE RASMUSの7thアルバム。本作を語る上で欠かせないのはBON JOVI、KISSなどを手掛けたこともある大物Desmond Childがプロデュースしているという点でしょう。5th「DEAD LETTERS」(2004)を聴いてファンになったDesmondの方から「是非一緒に仕事をしたい」と連絡してきたそうで、このエピソードからもTHE RASMUSの非凡さが窺えますね。大御所プロデューサーが関わることでバンドサウンドにどのような影響を与えるのか注目していましたが、それほど大きな変化はないように思います。このバンドの場合、泣きのメロディとLauri Ylonen(Vo)の哀愁ボイスという強烈な個性があるので安心して聴くことができますね。

バンドの根幹部分にブレはないものの前作「HIDE FROM THE SUN」(2005)にあったヘヴィなバッキングは影を潜め、電子サウンドやプログラミングを用いる場面が増えているので最早ハードロックと呼んでいいのかどうかも微妙になってきています。それが結果的に彼等らしい哀愁サウンドは保ちつつ、これまで以上のメジャー感を纏った好盤に仕上がっている辺りは流石。そんなバンドの持ち味は冒頭から発揮されていて、シングルカットされた①Livin' In A World Without Youを聴いた時点でガッツポーズでした。それ以降もTHE RASMUSらしい悲哀に満ちたナンバーが並び、アルバム後半にはシンフォアレンジがいい味を出している⑧Lost And Lonely、曲名通りの勇壮な響きを持った⑨The Fight、ミャウミャウしたキーボードが曲を引っ張る⑩Dangerous Kindといった新生面も見せてくれます。そんな実験的要素もある曲の後に、切ないメロディが胸に沁みるバラード⑪Live Foreverを配して本編を締めくくる構成もニクいですね。

というわけで今回も哀メロ満載の楽曲が楽しめる手堅い作品で、気がつけば何度もリピートしているのですがマンネリ気味に感じてしまうのも事実。意外性やワクワク感、このアルバムでしか得ることのできない「何か」がないように思うし、5th「DEAD LETTERS」(2004)と比べると物足りないというのが正直なところです。特にアルバム前半は似たテンポの曲が続くため連続して聴くと心地よい反面、1曲ずつを取り出すとあまり印象に残らなかったりするんですよね…。このクオリティで文句を言うのは贅沢だとわかってはいるものの、もう一押し欲しいと思ってしまう1枚です。

【音源紹介】
Livin' In A World Without You

【CD購入録】KISSIN' DYNAMITE「MEGALOMANIA」(2014)

  • 2014/09/13(土) 00:00:00

【CD購入録】
MEGALOMANIA.jpg
KISSIN' DYNAMITE「MEGALOMANIA」(2014)

これまでにリリースした作品全てがこのブログで年間ベスト入りするほど充実盤揃いのKISSIN' DYNAMITEが放つ4作目を買いました。アルバムジャケットや先行で公開されていたリーダートラック①DNAをチェックした時点では、これまでの破天荒さは控えめの落ち着いた作風になっているのかと思っていましたが、そんなバンドの成熟度を感じさせつつも従来通りの弾けっぷりを見せるナンバーもあって今回も愛聴盤となりそうです。現時点でのお気に入りは③V.I.P. In Hell、⑥God In Youといったハードチューン、あとDesmond Childのペンによる⑤Deadlyやハッピーな曲調の⑦Running Freeも良いですね。また本作では数曲のプロデュース/ミックスをKAMELOT、RHAPSODY(OF FIRE)などを手掛けたSascha Paethが担当し、その相棒のMiroがキーボードを演奏している点も見逃せません。WIG WAMが解散してしまった今、KISSIN' DYNAMITEへの期待が大きくなってきています。これからも応援したいバンドですね。

【CD購入録】ORIANTHI「BELIEVE」(2010)

  • 2010/06/04(金) 00:00:00

【CD購入録】
BELIEVE.jpg
ORIANTHI「BELIEVE」(2010)

2009年のグラミー賞授賞式で女性シンガーCarrie Underwoodのバックギタリストを務めているのを見たMichael Jacksonが自らのバックバンドのオーディションを受けるように勧めたことがきっかけでMichaelの大ヒットドキュメンタリー映画「THIS IS IT」では彼のバンドのギタリストとして共演を果たしたORIANTHI(オリアンティ)の2ndアルバムを買いました。「Michaelが最後に選んだギタリスト」という話題性もあって、一時期は日本のテレビ番組で取り上げられることも多かった1枚です。全体的には本人が語っている通りのコマーシャルなポップロック作品で、どことなくDAUGHTRY「DAUGHTRY」の女性版という感じの親しみ易いメロディが耳に残る作風ですが、ただの歌もの(Orianthiはギターも兼任)に終わらずインスト⑩Highly StrungではSteve Vai(G)と共演するなど彼女のギターを全編にフィーチュアしたアルバムとなっていますね。ギターが聴きどころとなっているのは間違いないものの、個人的にはキャッチーなメロディが楽しめるアルバムとして愛聴盤になりそうな気がしています。佳曲揃いの本作の中でも、Desmond Childと共作した③Bad Newsが流石の出来栄えですね。

SUNSTORM「HOUSE OF DREAMS」(2009)

  • 2009/10/28(水) 00:00:00

HOUSE OF DREAMS
【No.193】
★★★(2009)

Joe Lynn Turner(Vo/ex-RAINBOW、YNGWIE MALMSTEEN etc)Jim Peterik(G/PRIDE OF LIONS、ex-SURVIVOR)による夢のコラボレーションが話題となったメロディアスハードロック・プロジェクトSUNSTORMの2ndアルバム。前作はSUNSTORM featuring JOE LYNN TURNER名義でしたが、本作からシンプルにSUNSTORMとなっています。今回Jimは3曲に関わるだけに止まっていますが楽曲のクオリティは前作に引けを取らないものが多く、僕にとってお気に入りの1枚となっています。中でも全11曲(輸入盤)のうち4曲を手がけたTomとJamesのMartin兄弟のペンによる楽曲(①Divided、②Don't Give Up、③The Spirit Inside、⑩House Of Dreams)が素晴らしい出来ですね。思わずMartin兄弟がメインソングライターで、SUNSTORMのプロデューサーであるDennis Ward(B/PINK CREAM 69)がシンガーを務めるKHYMERAの3rdアルバムを買ってしまいました。

さて、本作の方はというとアルバム前半がなかなか強力です。Gunter Werno(Key/VANDEN PLAS)が奏でる煌びやかなキーボードからしてメロハー好きのツボを突いてくれる①、ドラマティック極まりない②、Martin兄弟のメロディセンスに舌を巻く③、サビで「I Found Love, I Found Love Tonight~♪」と歌いながら元気いっぱいに駆け抜ける④I Found Loveと来た後に、美旋律バラードのお手本のような⑤Say You Will、それとは対照的なアップテンポ⑥Gutters Of GoldというJim作の楽曲2連発と、ここまではどれをシングルカットしても通用しそうな楽曲が並んでいます。作品後半はやや大人しいような気もしますが②と同路線のタイトル曲⑩、ヒットメイカーDesmond ChildとJoeの共作バラード⑪Walk Onという終盤2曲も良いですね。

1stアルバムを愛聴していた方であれば本作も期待を裏切らない好盤といえそうです。演奏陣の顔ぶれは基本的に変わっていないものの、本作ではThorsten Koehne(G/EDEN'S CURSE)がギターソロを担当していてEDEN'S CURSE同様、派手に弾きまくることで楽曲に華を添えてくれていますね。目新しさはほとんどありませんが、やはりJoeにはこういうメロディックロックを歌って欲しいです。

【音源紹介】
・I Found Love

【CD購入録】SUNSTORM「HOUSE OF DREAMS」(2009)

  • 2009/08/19(水) 09:00:00

【CD購入録】
HOUSE OF DREAMS
SUNSTORM「HOUSE OF DREAMS」(2009)

Joe Lynn Turner(Vo/ex-RAINBOW、YNGWIE MALMSTEEN etc)がメロディアスハードを歌うプロジェクトSUNSTORMの2ndアルバム(輸入盤)を買いました。FRONTIERS RECORDS主導で、Dennis Ward(B/PINK CREAM 69)がプロデュースするこの手のプロジェクトといえば、Michael Kiske(Vo/ex-HELLOWEEN)をフロントマンに据えたPLACE VENDOMEを連想しますが、本作は音楽性、参加メンバーの面から見てもPLACE VENDOMEの兄弟プロジェクトという感じもしますね。バックの演奏陣はPINK CREAM 69繋がりの人選で固められている他、ギターソロはThorsten Koehne(G/EDEN’S CURSE)が担当しています。前作でJoeとのコラボが話題となったJim Peterik(G/PRIDE OF LIONS、ex-SURVIVOR)が3曲に関わっているだけでなく、Joeは勿論、Desmond Child、Dennisがリードボーカルを務めるメロハープロジェクトKHYMERAの楽曲を手がけたTomとJamesのMartin兄弟といった優れたメロディメイカーが楽曲を提供しているだけあって、どの曲も安心して聴けるものばかり。特に元気で快活なメロディが弾ける④I Found Love、Jimの美メロセンスが冴え渡るバラード⑤Say You Willを初めとするアルバム前半は文句のつけようがありません。メロハー、産業ロック好きの方は聴いて損はないと思いますよ。Martin兄弟のペンによる楽曲も気に入ったのでKHYMERAもチェックしてみようと思ってます。

【CD購入録】THE RASMUS「BLACK ROSES」(2008)

  • 2008/12/29(月) 14:12:16

【CD購入録】
BLACK ROSES
THE RASMUS「BLACK ROSES」(2008)

先日のCD購入録に書いたLAST AUTUMN'S DREAMの「DREAM CATCHER」と一緒にTHE RASMUSの最新作「BLACK ROSES」を買いました。泣きメロをふんだんに盛り込んだ楽曲、ボーカルの声質、そして今回はアルバムジャケットまで類似点の多いこれらの2バンドですが、今回は両方とも「当たり」でしたね。今回はプロデューサーにDesmond Childを迎えていますが、⑦You Got It WrongのリフがMEAT LOAFの「BAT OUT OF HELL Ⅲ THE MONSTER IS LOOSE」(2006)の1曲目のリフに似てる(この作品もDesmondがプロデュース)くらいで、「DEAD LETTERS」以降の作品と同じ路線を追求していてTHE RASMUS節ともいえる哀愁のメロディックロックを聴かせてくれます。ただメロディのインパクトという点では「DEAD LETTERS」の域にまで達していないような気も。勿論、本作も僕好みの作品なんですけどね。LAST AUTUMN'S DREAMといい、このTHE RASMUSといい僕の好きな音楽を提供してくれる安心印のバンドですね。