FC2ブログ

ALHAMBRA「THE EARNEST TRILOGY」(2016)

  • 2019/12/10(火) 00:00:00

THE EARNEST TRILOGY
【No.538】
★★★★(2018)

超絶技巧を誇る演奏陣と世良 純子嬢(Vo)による圧巻のボーカルがせめぎ合う国産シンフォニック・プログレHR/HMバンドの最高峰ALHAMBRAの5th。ただし本作を5枚目のフルレンスアルバムと呼べるかと言うと微妙で、その実態は3rd「SOLITUDE」(2010)収録の8曲中6曲をリレコーディングし、新曲としてインストとボーカル曲を2曲ずつ追加した内容となっています。リーダーのYuhki(Key/GALNERYUS)によると当初は本作では5曲目にあたるSolitudeをシングルで発表する予定だったものの、レーベル側の意向でアルバムとしてリリースすることになったため急ピッチで作業を進めなければならなかったそうで、結果的に「SOLITUDE」はバンドが満足できる仕上がりではなかったこともあって発売後しばらくしてから廃盤となっていました。僕は「SOLITUDE」を持っていたので本作を購入するか迷ったのですが、彼等の過去作品を聴くうちに新曲がどうしても聴きたくなって本作も買いました。

アルバムの幕開けからして印象が変わっていて「SOLITUDE」の序曲「東風遥か(Far Away A Spring Wind)」が優雅な雰囲気に溢れていたのに対して、本作の①Appassionataは大仰で緊迫感のある曲調でMVも制作されたリードトラック②Earnestに雪崩れ込んでいきます。元々、ALHAMBRA屈指の疾走曲だった②はさらにビルドアップされていて本作から加入したドラマーHideki(MAHATMA)Hibiki(B/LIGHT BRINGER、MARDELAS)のリズム隊が生み出すエネルギーは凄まじく、それに負けじと世良のボーカルも一段とパワフルかつ表現力が豊かになっていますね。そこからオリジナル盤にはなかった近未来的なSEでシームレスに繋がる重厚なミドル③OO (Double O)には日本屈指のグロウラーDOUGEN(Vo/THOUSAND EYES etc)が参加。原曲以上に迫力のある仕上がりになっていて、冒頭3曲の時点で作品として大きく生まれ変わったことが実感できます。

再録曲がパワーアップしているだけでなく新曲の充実振りも見逃せません。世良と今や準メンバーとなっている佐々井 康雄(Vo/GERARD、ex-ARK STORM)のツインボーカルにDOUGENのデス声を加えた④Warning You!はバンド初の英語詞によるナンバーで、どこかワイルドな印象があって新鮮な空気をもたらしていますね。そして極めつけはDie Walkure(2nd「FADISTA」収録)と組曲Siegfried(4th「SIEGFRIED」収録)と続いてきた「ニーベルングの指環」シリーズのスピンオフ的作品だという⑨「Das Rheingold ~ラインの黄金~」の存在です。荘厳なコーラスとギターソロからなる短いインスト新曲⑧Close Your Eyesに導かれて始まるこの曲は過去の名曲シリーズに含まれるに相応しい新たなマスターピースだと思います。個人的には終盤の「にーじーの かーけーはーしがー かーかーる〜♪」という歌詞が乗るパートのメロディが大好きです。「SOLITUDE」もALHAMBRAにしては珍しくコンパクトな作品で悪くないと思っていましたが、今のバンドでレコーディングした「THE EARNEST TRILOGY」を聴くともうあちらには戻れないですね。

【音源紹介】
Earnest

【気になるCDリスト】2019年12月

  • 2019/12/05(木) 00:00:00

LOVEKILLERS.jpg
LOVEKILLERS feat. Tony Harnell「LOVEKILLERS」(2019)12月6日発売予定

全盛期TNTのリードボーカルで現在はMagnus Karlsson(G/PRIMAL FEAR etc)と組んだSTARBREAKERなどで活動しているTony Harnell(Vo)に、本作のプロデューサーも兼務するAlessandro Del Vecchio(Key)を始めとしたFRONTIERS RECORDSお抱えのソングライター陣が楽曲を提供するプロジェクトLOVEKILLERS feat. Tony Harnellの1stアルバム。FRONTIERS RECORDSからのリリースで(プロジェクト名)feat.(シンガー名)と言えばSUNSTORM feat. Joe Lynn Turnerを思い出しますが、LOVEKILLERSも同系統の80年代風メロディックロックの好盤となってそうです。

Now Or Never
Higher Again
Ball And Chain

RADIANT.jpg
OCTAVIAGRACE「RADIANT」(2019)12月25日発売予定

デビューアルバム「OUTWARD RESONANCE」(2016)が年間ベスト入りするほどのお気に入り盤だったアニソン要素もあるメロディックHR/HMバンドOCTAVIAGRACEの2nd。僕が注目しているメロディメイカーReanne(Key/SCRAMBLED SOUL CIRCUS、ex-ART OF GRADATION)は残念ながら脱退してしまったようですがOCTAVIAGRACEには複数のソングライターがいるし、国産バンドの中でも注目している存在なので楽しみです。年末の慌ただしい時期なので年内に購入できるかは微妙ですが…。

Lucent Moon

【気になるCDリスト】
ANTHEM「NUCLEUS」(2019)
Black Empire
Immortal Bind

AS I LAY DYING「SHAPED BY FIRE」(2019)
Blinded
Shaped By Fire
My Own Grave
Redefined

ASOMVEL「WORLD SHAKER」(2019)
World Shaker
True Believer

AUTUMN'S CHILD「AUTUMN'S CHILD」(2019)12月18日発売予定

THE BRINK「NOWHERE TO RUN」(2019)
Break These Chains
Save Goodbye
Are You With Me

BLOODBOUND「RISE OF THE DRAGON EMPIRE」(2019)
Slayer Of Kings
Rise Of The Dragon Empire

CONCERTO MOON「OUROBOROS」(2019)
Change My Heart

CRASHDIET「RUST」(2019)
Idiots
We Are The Legion
Reptile
Rust

THE FERRYMEN「A NEW EVIL」(2019)
A New Evil
Bring Me Home

FIND ME「ANGELS IN BLUE」(2019)
No Tears In Paradise
True Believer

FIRST SIGNAL「LINE OF FIRE」(2019)
Tonight We Are The Only
Born To Be A Rebel

FORTUNE「II」(2019)
Freedom Road
Shelter Of The Night

GRAND MAGUS「WOLF GOD」(2019)
Wolf God
Brother Of The Storm

H.E.A.T「H.E.A.T II」(2020)2月19日発売予定NEW
One By One
Rise

LEVERAGE「DETERMINUS」(2019)
Burn Love Burn
Wind Of Morrigan

LOVEBITES「ELECTRIC PENTAGRAM」(2020)1月29日発売予定
When Destinies Align

LOVEKILLERS feat. Tony Harnell「LOVEKILLERS」(2019)12月6日発売予定
Now Or Never
Higher Again
Ball And Chain

MAJESTICA「ABOVE THE SKY」(2019)
Above The Sky
Rising Tide
Night Call Girl

OCTAVIAGRACE「RADIANT」(2019)12月25日発売予定
Lucent Moon

RAGE「WINGS OF RAGE」(2020)1月10日発売予定
Let Them Rest in Peace
True

REVOLUTION SAINTS「RISE」(2020)1月22日発売予定NEW
When The Heartache Has Gone

SABATON「THE GREAT WAR」(2019)
Bismarck
Fields of Verdun
The Red Baron
Great War

SKELETOON「THEY NEVER SAY DIE」(2019)
They Never Say Die
I Have The Key

SONS OF APOLLO「MMXX」(2020)1月17日発売予定NEW
Goodbye Divinity

SOTO「ORIGAMI」(2019)
HyperMania
Origami
BeLie

STARBREAKER「DYSPHORIA」(2019)
Pure Evil
How Many More Goodbyes

STEEL PANTHER「HEAVY METAL RULES」(2019)
All I Wanna Do Is Fuck (Myself Tonight)
Always Gonna Be A Ho

TEMPERANCE「VIRIDIAN」(2020)1月24日発売予定NEW
My Demons Can't Sleep

TIMO TOLKKI'S AVALON「RETURN TO EDEN」(2019)
Promises (feat. Todd Michael Hall)
Hear My Call (feat. Anneke Van Giersbergen)
Godsend (feat. Mariangela Demurtas)

VICTORIUS「SPACE NINJAS FROM HELL」(2020)1月17日発売予定
Super Sonic Samurai
Shuriken Showdown

ZEMETH「NOSTALGISM」(2019)
MERMAID OF OKHOTSK
KILL THEM ALL WITH MELODY
トレイラー

下山 武徳「WAY OF LIFE」(2019)
Always

中島 卓偉「GIRLS LOOK AHEAD」(2019)
「大器晩成」

摩天楼オペラ「HUMAN DIGNITY」(2019)
トレイラー

【CD購入録】WORK OF ART「EXHIBITS」(2019)

  • 2019/11/30(土) 00:00:00

【CD購入録】
EXHIBITS.jpg
WORK OF ART「EXHIBITS」(2019)

Robert Sall(G)率いるトリオ編成のメロディックロックバンドWORK OF ARTの4thアルバム。前作「FRAMEWORK」(2014)がラストアルバムになるという噂を耳にしていたので、こうして新作を届けてくれたことがまずは嬉しいですね。今回もRobertが生み出す洗練されたメロディアスチューンをLars Safsund (Vo/LIONVILLE)が歌うことで完成するWORK OF ARTサウンドが楽しめます。それに加えて本作にはメロディックロック界のレジェンドJim Peterik(G/PRIDE OF LIONS、ex-SURVIVOR)が数曲でRobertと共作していることもあって流石の出来栄えとなっていますね。①Misguided Love、②Be The Believer、③Another NightとMVが制作された楽曲を立て続けに繰り出すオープニングは文句のつけようがありません。その後も映画「ロッキー4」や「トランスフォーマー」などの音楽を手掛けたことで知られるVince DiCola(Key)が客演、Jimとの共作曲でもある④This Isn’t Loveやフックに満ちた⑤Gotta Get Outなど聴き応えのある曲が並び、幻想的なエンディング曲⑪Let Me Dreamまで一気に聴けますね。飛び抜けたキラーチューンこそないもののWORK OF ARTらしい1枚となっています。

ALHAMBRA「SOLITUDE」(2010)

  • 2019/11/25(月) 00:00:00

SOLITUDE.jpg
【No.537】
★★★(2013)

Yuhki(Key/GALNERYUS)MARGE LITCH在籍時に活動を共にしていた世良 純子(Vo)らと結成したALHAMBRAの3作目。Yuhkiが作曲し、世良が歌詞を書いて歌うというスタイルは従来と同じですが本作では10分越えの大作は姿を消していることもあって、このバンドにしてはコンパクトな歌モノと呼べそうな作風になっています。ALHAMBRA特有の大仰でファンタジックな世界観は薄れ、ポップな側面にスポットが当てられていることもあって従来のアルバムとはやや印象が異なります。またゲストという形ながらALHAMBRAの作品で重要な役割を担ってきた佐々井 康雄(Vo/ARK STORM)が参加していないというのも違和感のひとつですね。

まるで宮廷音楽のように優雅な序曲① 「東風遥か(Far Away A Spring Wind)」に導かれてスタートする②Earnestがいきなりのキラーチューン!幾重にも重ねられたクサいメロディと練り込まれたインストパートが絡み合いながら疾走するこの曲は1st「明日への約束」(2005)収録のMissing You、Orionに匹敵するバンドの代表曲だと思います。また③OO (Double O)はYuhkiのハモンドがグイグイ曲を引っ張っていくミドルテンポで初めの頃は印象に残りませんでしたが、リピートするうちにジワジワと好きになった1曲です。静かな出だしから徐々に熱を帯びていき劇的なエンディングを迎えるタイトル曲の④Solitude、ALHAMBRAのイメージとは一線を画すアニソン風ナンバーでHibiki(B)がリーダーを務めるLIGHT BRINGERっぽさもある⑤「約束の鍵 (Key To The Wish)」といったソフトな楽曲から、ALHAMBRAらしさ満点でベースソロも聴きどころのプログレメタル⑥The Earth (Die Erde)へと続くアルバム中盤も良いですね。その後はデビュー作収録の名曲にしてバンドを代表するスピードチューンのリメイク⑦Orion 2010(冒頭のサビのコーラスが分厚くなりテンポも少し早くなっているようです)を経て、ピアノとボーカルだけでしっとり聴かせる小品⑧「はるうさぎ(Ha・ru・u・sa・gi)」でアルバムは締めくくられます。

楽曲的には②、⑥や再録の⑦のような典型的なALHAMBRA流メタリックチューンを収録しているのは事実ながらこれまで以上に強調されたポップサイドと時折出てくる健康的で応援歌のような歌詞ををどこまで許容できるかで本作の評価が分かれそうですね。個人的にはメタル度が低くなっても、このバンド(というかYuhki)が生み出すメロディは魅力的だと再確認できました。ただ、序曲のインストや再録曲込みで全8曲、40分弱というボリュームは物足りなさを感じますね。この点についてはYuhkiが後のインタビューで「元々はSolitudeをシングルでリリースするつもりだったもののレーベル側の意向でなんとかアルバムの形にした」と語っていていて、ミニアルバムと呼んでもよさそうな尺の短さ、ドラムサウンドが迫力に欠けるといった点も致し方なかったのかもしれません。ちなみに本作はリリース後しばらくして廃盤となり2016年に収録曲の大半をレコーディング、新曲を追加した「THE EARNEST TRILOGY」として生まれ変わっています。

【音源紹介】
Solitude

【CD購入録】CYHRA「NO HALOS IN HELL」(2019)

  • 2019/11/20(水) 00:00:00

【CD購入録】
NO HALOS IN HELL
CYHRA「NO HALOS IN HELL」(2019)

長年の友人でもあるJesper Stromblad(G/DIMENSION ZERO、ex-IN FLAMES)Jake E(Vo/AMARANTHE)がお互いのソロアルバムについて話をしたところ、音楽性が近かったため2016年にバンド結成に至ったというCYHRAの2作目。デビュー作「LETTERS TO MYSELF」(2017)にはPeter Iwers(ex-IN FLAMES)も参加していたもののツアー開始早々に脱退、2017年に加入したEuge Valovirta(G)が本作ではベースも兼任しています。今回も先行で公開されていた①Out Of My Life、③Battle From Withinを筆頭にモダンなメロディックメタルの中で哀メロが光っているし、JesperとEugeが紡ぎ出すギターはメロディだけでなく音色にも泣きを含んでいますね。他にもAMARANTHEを彷彿とさせるダンサブルな⑤Bye Bye Forever、アルバム本編ではピアノのアレンジですがボーナスディスクではフルバンドのバージョンが楽しめるバラード⑦Lost In Time、ケルティックな雰囲気も漂う⑩Blood Brothers、メタリックなリフで始まり「ヒッヒッミィ ヒッミィハー♪」と歌うキャッチーなサビに繋がる⑪Hit Meなども気に入っています。Jesperは家族のことや体調の問題もあってツアーに帯同することは難しいそうですが、脱退することなく制作面で今後もその才能を発揮してほしいですね。

【CD購入録】THE DARK ELEMENT「SONGS THE NIGHT SINGS」(2019)

  • 2019/11/15(金) 00:00:00

【CD購入録】
SONGS THE NIGHT SINGS
THE DARK ELEMENT「SONGS THE NIGHT SINGS」(2019)

Jani Liimatainen(G/CAIN'S OFFERING、ex-SONATA ARCTICA)Anette Olzon(Vo/ex-ALYSON AVENUE、NIGHTWISH)を組ませるというFRONTIERS RECORDSの発案で2017年に誕生したTHE DARK ELEMENTの2作目。セルフタイトルのデビュー作は2017年の年間ベストに選出するほどのお気に入り盤でしたが単発プロジェクトで終わる可能性もありそうだったので、こうして第2弾がリリースされたことがまず嬉しいですね。また中身の方もJaniらしい流麗なメロディをAnetteの美声で聴かせるスタイルに変化はなく、前作が好きだった僕のようなファンであれば今回も満足できる内容だと思います。オープニングの①Not Your Monster、②Songs The Night SingsはこれぞTHE DARK ELEMENTなメロディアスチューンだし、ダンサブルなアレンジを取り入れた⑤Pills On My Pillow、悲壮感が漂う旋律が胸を締め付ける⑥To Whatever Endなども良いですね。終盤でサビを繰り返す曲が多いこともあってかメロディが頭から離れず、気がつけばサビを口ずさんでいることもしばしば。Janiは僕が今注目しているメロディメイカーの1人なので、FRONTIERS RECORDSの様々な作品に楽曲を提供するのではなくCAIN'S OFFERINGとTHE DARK ELEMENTで、その才能を発揮してもらいたいですね。

ALHAMBRA「SIEGFREID」(2012)

  • 2019/11/10(日) 00:00:00

SIEGFREID.jpg
【No.536】
★★★★(2012)
年間ベスト2012年ノミネート作品

デビュー当初からGALNERYUSの鍵盤奏者として活躍するYuhkiを中心にLIGHT BRINGERのリーダーでもあるHibiki(B)も在籍するテクニカル系シンフォニックメタルバンドALHAMBRAの4thアルバム。前作「SOLITUDE」(2010)ではそれまでのアルバムに収録されていた大作はなく、歌モノ寄りのコンパクトな作風だったのに対して今回は大仰な世界観が戻っているように感じます。それを象徴しているのが2nd 「FADISTA」(2007)収録の名曲Die Walkureの続編で4部構成、22分に及ぶ組曲Siegfriedの存在でしょう。過去作品のほぼ全てにゲストとして参加している佐々井 康雄(Vo/ARK STORM)がこれまで以上の存在感を発揮して、オペラティックに歌う世良 純子(Vo)とミュージカルのような掛け合いを見せるこの組曲は圧巻の一言。特にクライマックスを迎える⑨Siegfried Suite #4-All For The Reason「ただ愛のために」はハイライトの連続で大きな感動をもたらしてくれます。

アルバム後半に鎮座する「組曲ジークフリード」が最大の聴きどころなのは事実ながら、前半に収録された楽曲もハイクオリティなものが揃っています。オープニングを飾る①Maze Of Tragedy-水晶の雨 Part.Ⅱ-は第一印象としては地味に感じたもののTarja Turunen(Vo/ex-NIGHTWISH)ばりのソプラノボイスが響くドラマティックチューンで聴く度に味わいが増す1曲です。クラシカルな雰囲気の中でクサメロとYuhkiのオルガンサウンドが躍動する②Perfect Blue、冒頭の泣きのギターと爽やかでありつつもどこか儚いサビが秀逸な③Foreverという疾走曲2連発は実に強力。またバンド初となる梶原 稔広(G) 作のギター主体のインスト④Fleeting Circusを挟んで登場する⑤Dear Friendはバンドのポップサイドに焦点を当てたナンバーで、応援歌のような歌詞も相まって「SOLITUDE」の延長線上にある曲と言えそうです。

ALHAMBRAの作品の中では「FADISTA」が一番好きでしたが圧巻の組曲と名曲②、③を含む本作はそれ以上に気に入っているアルバムですね。作品を重ねる毎に存在感を増している男性ボーカル佐々井の貢献度は大きく「組曲ジークフリード」は彼なしでは成り立たないし、仰々しいその歌唱スタイルはALHAMBRAとの相性も抜群。濃厚で複雑なインストパートが火花を散らす緻密でドラマティックな曲展開でありつつも、難しくなりすぎないキャッチーなメロディの充実振りは過去最高だし、それが結実したのが「組曲ジークフリード」だと思います。そんなメロディの魅力だけでなくサウンドプロダクションも含めて、バンド全体がレベルアップしたと感じさせてくれる高品質な1枚です。

Siegfried Suite #4-All For The Reason

【気になるCDリスト】2019年11月

  • 2019/11/05(火) 00:00:00

NO HALOS IN HELL
CYHRA「NO HALOS IN HELL」(2019)11月15日発売予定

AMARANTHEを脱退したJake E(Vo)Jesper Stromblad(G/DIMENSION ZERO、ex-IN FLAMES)を中心として誕生したCYHRAの2nd。昨年後半辺りから2019年に新作がリリースされるというニュースは入ってきていたものの、具体的な情報がなかったので心配していました。完成した新作はデビュー作の美点を引き継いだ哀愁のメロディが冴えるモダンHR/HMに仕上がってそうなので楽しみです。

Out Of My Life
Battle From Within

SONGS THE NIGHT SINGS
THE DARK ELEMENT「SONGS THE NIGHT SINGS」(2019)11月6日発売予定

Jani Liimatainen(G/CAIN'S OFFERING、ex-SONATA ARCTICA)Anette Olzon(Vo/ex-NIGHTWISH)が立ち上げたTHE DARK ELEMENTの2作目。セルフタイトルのデビュー作がJaniのソングライティング能力の高さを示す充実盤だったので今回も期待しています。

Songs The Night Sings
The Pallbearer Walks Alone

EXHIBITS.jpg
WORK OF ART「EXHIBITS」(2019)11月22日発売予定

前作「FRAMEWORK」(2014)リリース後にはこれがラストアルバムになるかもしれないという噂もあったWORK OF ARTの4thアルバム。中心人物のRobert Sall(G)W.E.T.でも活動していますが、彼のメロディセンスが最も発揮されるのがこのバンドだと思うので無事に活動を継続してくれていることが嬉しいですね。また本作にはJim Peterik(G/PRIDE OF LIONS、ex-SURVIVOR)が作曲面で関与しているナンバーも収録されているようなのでそちらにも注目しています。

Be The Believer
Misguided Love

NOSTALGISM.jpg
ZEMETH「NOSTALGISM」(2019) 11月27日発売予定

哀愁歌謡ノスタルジック・メロディックデスメタルを掲げるZEMETHの3作目。今回もZEMETHならではの泣きメロの嵐または洪水という表現がピッタリのサウンドに仕上がっていそうですね。前作「MONOCHROME BLOOD」(2018)から1年という短いスパンで早くも新作を完成させるハイペース振りにも感心させられます。

トレイラー

WAY OF LIFE
下山 武徳「WAY OF LIFE」(2019)11月13日発売予定

北の凶獣SABER TIGERのリードボーカル下山 武徳の通算3枚目となるアコースティック・ソロアルバム。山本 恭司(G/VOW WOW)木下 昭仁、田中 康治というSABER TIGERのギタリスト2名に加えて、かつてSIXRIDEで活動を共にした青柳 慎太郎(G)らがゲストとして参加しています。個人的には青柳が表舞台に帰ってきてくれたことが嬉しいし、SIXRIDEの名バラード⑨Dec.の再録も楽しみです。

【気になるCDリスト】
ANTHEM「NUCLEUS」(2019)
Black Empire
Immortal Bind

AS I LAY DYING「SHAPED BY FIRE」(2019)
Blinded
Shaped By Fire
My Own Grave
Redefined

ASOMVEL「WORLD SHAKER」(2019)
World Shaker
True Believer

AUTUMN'S CHILD「AUTUMN'S CHILD」(2019)12月18日発売予定NEW

THE BRINK「NOWHERE TO RUN」(2019)
Break These Chains
Save Goodbye
Are You With Me

BLOODBOUND「RISE OF THE DRAGON EMPIRE」(2019)
Slayer Of Kings
Rise Of The Dragon Empire

CONCERTO MOON「OUROBOROS」(2019)
Change My Heart

CRASHDIET「RUST」(2019)
Idiots
We Are The Legion
Reptile
Rust

CYHRA「NO HALOS IN HELL」(2019)11月15日発売予定
Out Of My Life
Battle From Within

THE DARK ELEMENT「SONGS THE NIGHT SINGS」(2019)11月6日発売予定NEW
Songs The Night Sings
The Pallbearer Walks Alone

THE FERRYMEN「A NEW EVIL」(2019)
A New Evil
Bring Me Home

FIND ME「ANGELS IN BLUE」(2019)
No Tears In Paradise
True Believer

FIRST SIGNAL「LINE OF FIRE」(2019)
Tonight We Are The Only
Born To Be A Rebel

FORTUNE「II」(2019)
Freedom Road
Shelter Of The Night

GRAND MAGUS「WOLF GOD」(2019)
Wolf God
Brother Of The Storm

LEVERAGE「DETERMINUS」(2019)
Burn Love Burn
Wind Of Morrigan

LOVEBITES「ELECTRIC PENTAGRAM」(2020)1月29日発売予定NEW

LOVEKILLERS feat. Tony Harnell「LOVEKILLERS」(2019)12月6日発売予定
Now Or Never
Higher Again

MAJESTICA「ABOVE THE SKY」(2019)
Above The Sky
Rising Tide
Night Call Girl

OCTAVIAGRACE「RADIANT」(2019)12月25日発売予定NEW

RAGE「WINGS OF RAGE」(2020)1月10日発売予定NEW
Let Them Rest in Peace

SABATON「THE GREAT WAR」(2019)
Bismarck
Fields of Verdun
The Red Baron
Great War

SKELETOON「THEY NEVER SAY DIE」(2019)
They Never Say Die
I Have The Key

SOTO「ORIGAMI」(2019)
HyperMania
Origami
BeLie

STARBREAKER「DYSPHORIA」(2019)
Pure Evil
How Many More Goodbyes

STEEL PANTHER「HEAVY METAL RULES」(2019)
All I Wanna Do Is Fuck (Myself Tonight)
Always Gonna Be A Ho

TIMO TOLKKI'S AVALON「RETURN TO EDEN」(2019)
Promises (feat. Todd Michael Hall)
Hear My Call (feat. Anneke Van Giersbergen)
Godsend (feat. Mariangela Demurtas)

VICTORIUS「SPACE NINJAS FROM HELL」(2020)1月17日発売予定NEW
Super Sonic Samurai

WORK OF ART「EXHIBITS」(2019)11月22日発売予定
Be The Believer
Misguided Love

ZEMETH「NOSTALGISM」(2019) 11月27日発売予定
トレイラー

下山 武徳「WAY OF LIFE」(2019)11月13日発売予定

中島 卓偉「GIRLS LOOK AHEAD」(2019)
「大器晩成」

摩天楼オペラ「HUMAN DIGNITY」(2019)
トレイラー

【CD購入録】HELLOWEEN「UNITED ALIVE IN MADRID」(2019)

  • 2019/10/31(木) 00:00:00

【CD購入録】
UNITED ALIVE IN MADRID
HELLOWEEN「UNITED ALIVE IN MADRID」(2019)

期間限定ではあるもののMichael Kiske(Vo)Kai Hansen(G、Vo)が復帰して7人体制となったHELLOWEENのPUMPKINS UNITED WORLD TOURの模様を収録した3枚組ライヴアルバム(Disc-3は4曲は入りボーナスディスク)。HELLOWEENは僕がHR/HMを聴くようになるきっかけを与えてくれた重要バンドのひとつなので、僕がHR/HMと出会った1995年時点で既に脱退していたKiskeとKaiが復帰すると知った時は本当に嬉しかったし驚きました。このライヴ作品の大きな特徴は夢のラインナップが実現したことは勿論ながら選曲の素晴らしさにもありますね。多くのファンが期待しているであろうキーパー時代の楽曲を軸にしながらKai、Kiske、Andi Deris(Vo)という各シンガー毎のシングル曲は幅広く収録されているし、メドレー形式ながらDisc-2②Livin’ Ain’t No Crimeのような珍しい曲あり、初めてライヴ盤に収録された超名曲Disc-2⑥Eagle Fly FreeありというセットリストはHELLOWEENの歴史を網羅していると言っても過言ではなく、これまでにバンドがリリースしたライヴ作品を闇に葬り去ってしまうほど充実した内容です。こうして見ると改めてHELLOWEENには名曲が多いことを再認識させられますね。バンドはこの7人編成でニューアルバムを制作することを発表しているので今から楽しみです。

【CD購入録】GALNERYUS「INTO THE PURGATORY」(2019)

  • 2019/10/26(土) 00:00:00

【CD購入録】
INTO THE PURGATORY
GALNERYUS「INTO THE PURGATORY」(2019)

今年の1月にソロアルバム「VORVADOS」を発表したことも記憶に新しいSyu(G)率いるGALNERYUSが早くも完成させた12作目。当初は前々作「UNDER THE FORCE OF COURAGE」(2015)、前作「ULTIMATE SACRIFICE」(2017)に続くコンセプトアルバム3部作の完結編となる予定だったものの、テーマを決めずに自由度の高いアルバムを作りたいという思いから通常の作品を制作することになったそうです。リリース前に公開された⑥The FollowersがGALNERYUSとしては異色でダークな世界観を持っていたため驚きましたが、アルバムとして聴くことで良さが際立つ1曲だと思います。また、これぞGALNERYUS!なスピードチューン②My Hope Is Gone⑦Come Back To Me Again、メロハーテイストが感じられる⑤Never Again、美麗なバラード⑧Remain Behindなどタイプは異なれど彼等らしさに溢れた楽曲が目白押しです。それでいて⑥で聴くことのできる小野 正利(Vo)のオペラティックな歌唱、これまでになかったYuhki(Key/ALHAMBRA)の音使いなど新しい要素があるのもいいですね。GALNERYUSが国産メタルシーンのトップランナーであることを改めて感じさせてくれる1枚です。