FC2ブログ

【CD購入録】CRAZY LIXX「RUFF JUSTICE」(2017)

  • 2019/08/17(土) 00:00:00

【CD購入録】
RUFF JUSTICE
CRAZY LIXX「RUFF JUSTICE」(2017)

中心人物Danny Rexon(Vo、G)以外のメンバーが安定しないものの、デビューから一貫して80年代風アリーナ/スリージーロックを追求しているCRAZY LIXXの5作目。今回は勢い重視のハードロックンロールは控えめで都会的で洗練された雰囲気漂う③Walk The Wire、⑦Snakes In Paradiseを筆頭に北欧のバンドらしいメロディアスな要素が強まっているように感じます。それが関係してか⑤Killer、⑧If It's Loveといったパワーバラード系が充実していますね。ちなみに④Shot With A Needle Of LovePRETTY BOYというバンドのカバーですがオリジナルとしか思えないほどCRAZY LIXXらしいロックソングに仕上がっているし、本作では貴重なハードチューン⑨Kiss Of Judasも流石の出来映えです。聴いていて大きな盛り上がりを迎える場面は少ないのは事実ながら、ついリピートしたくなる1枚ですね。

【CD購入録】人間椅子「新青年」(2019)

  • 2019/08/13(火) 00:00:00

【CD購入録】
新青年
人間椅子「新青年」(2019)

今年でデビュー30周年を迎える国産ハードロックの大ベテラン人間椅子の21作目。このバンドの名前は以前から知っていたものの「暗くて重たい楽曲が主体のオカルト風のバンド」というイメージが強かったので、これまで聴くことはありませんでした。ところがYouTubeのお勧め動画として出てきた本作のリードトラック⑬「無情のスキャット」を怖いもの見たさ(?)でクリックしてみると、そのドラマティックで悲哀に満ちたサウンドに魅了されアルバムを聴いてみることに。このバンドはドゥーム/ストーナー系に分類されることもあるようで、本作でもおどろおどろしい側面を見せつつもノリの良さやキャッチーなメロディもしっかりと存在していて予想以上に楽しめました。例えば不穏な歌詞とメロディで迫る②「鏡地獄」などは僕が抱いていた人間椅子のイメージそのものですが、「ドッキーン♪」「ズッキーン♪」といった通常では考えられない掛け声が印象的な⑥「いろはにほへと」、「愛し合ってるかい?」なんて歌詞が飛び出す⑦「宇宙のディスクロージャー」も楽しげでコミカルな一面も見せてくれます。終盤では切なく儚い旋律が胸に沁みるバラード⑪「月のアペニン山」もさることながら⑬のインパクトが絶大で、この曲は2019年の年間ベストチューン候補に入ってくると思います。人間椅子は歴史が長く、多作なバンドなので全ての作品をチェックするのは大変そうですが過去のアルバムも少しずつ聴いていきたいですね。

ART OF GRADATION「CONCENTRATION」(2013)

  • 2019/08/08(木) 00:00:00

CONCENTRATION.jpg
【No.533】
★★★★(2013)
年間ベスト2013年第4位

3rd「GENESIS」(2012)制作時までLIGHT BRINGERに在籍しDream!を始めとする名曲を生み出してきたKazu(G、Vo)がラブリー脱退後に立ち上げたART OF GRADATIONの1stアルバム。作曲面では勿論Kazuが中心となりつつ、キーボード奏者Reanne(後にOCTAVIAGRACEに在籍)も3曲を手掛けています。それ以外のメンバーはアニメ声タイプのMichiruと元CROSS VEINという経歴を持つIbukiの女性ツインボーカル、2012年までLIGHT BRINGERでプレイしていたSeiya(G)、Satoru(Ds)というラインナップとなっています。Satoruはアルバム完成後の加入ですがLIGHT BRINGERのソングライターを含む元メンバー3人を擁するART OF GRADATIONがLIGHT BRINGERの4th「SCENES OF INFINITY」(2013)と同日にアルバムをリリースするということで、ラブリーファンとしては発売日をかなり楽しみにしていた記憶がありますね。

本編に登場するメロディをもとにした序曲①Concentration(instrumental)に続いて挨拶代わりに繰り出されるKazu作の②REAL、Reanne作の③determinationがどちらも初めて聴いた時から口ずさめてしまうナンバーで掴みは上々。しかし本作の真価はそれ以降の楽曲にこそあると思います。バッハのフーガの旋律を奏でるパイプオルガンに始まりチェンバロ風のキーボードがネオクラシカルな雰囲気を放つ④「仮面の月」、哀愁のメロディが冴えるミドル⑤Rain Pain Rainから曲名が示す通りの飛翔系メロパワチューンにして本作のハイライトとなっている⑥SKY!!に繋がる流れが素晴らしいですね。⑦「ハジマリの空」ではモダンかつヘヴィな側面も見せてくれるし、和のテイストが漂う哀メロチューン⑧「サクラビト」、キャッチーなサビが耳から離れないアニソンタイプの⑨Zonic Elementsなども大好きな曲です。アルバム終盤もJ-POPのヒットバラードとしてラジオから流れてきそうな⑩daily、それまでの楽曲にはなかったグルーヴ感のある演奏を取り入れつつサビは伸びやかで希望に満ちた⑪Our Songといった佳曲が並びます。ただし初回プレス限定のボーナストラック⑫「奏」は本編に比べると少し物足りないかな。

LIGHT BRINGERのサウンドはメロディックメタル+アニソン+90年代J-POP+超絶技巧インストで構成されていたのに対して、ART OF GRADATIONはメタリックな要素は味付け程度で90年代J-POPに軸足を置きつつアニソンテイストも取り入れている感じですね。プログレメタル系の曲を生み出すHibiki(B/LIGHT BRINGER)、LIGHT BRINGERのポップサイドを担っていたKazuというイメージそのままに本作でも彼のメロディセンスが存分に発揮されています。そのメロディを伝えるシンガーについてはトリプルボーカル体制をとっているものの曲の大半を歌うのはMichiruでIbukiとKazuはサポートに徹している感が強いのでシンガーが3人いることが大きな武器になっているというわけではないのが残念。個々の歌唱力を見てもFuki(Vo/LIGHT BRINGER)と比較するとその差は大きいと言わざるを得ないですね。ただし良くも悪くもクセのないMichiruの歌はメロディの魅力を真っ直ぐに伝えるという意味ではアリだと思います。またKazuの歌は確実に上手くなっていますね。ボーカル面に物足りなさを感じるし、HR/HMを期待して聴くとかなりソフトで拍子抜けするのは事実ながら、それを補って余りある珠玉の旋律が味わえる1枚に仕上がっています。これだけの充実盤を生み出してくれたART OF GRADATIONですが本作のみでバンドは解散…というかSCRAMBLED SOUL CIRCUSに移行したようです。

【音源紹介】
SKY!!

【気になるCDリスト】2019年8月

  • 2019/08/04(日) 00:00:00

METAL.jpg
FREEDOM CALL「M.E.T.A.L.」(2019)8月21日発売予定

90年代後半にデビューして以降、コンスタントにアルバムを出し続けているFREEDOM CALLの10作目。前作「MASTER OF LIGHT」(2016)で久々に彼等の作品を聴いて、その明朗かつポジティブなサウンドに魅了されたので本作の楽曲も試聴してみたところ今回もFREEDOM CALLらしさ全開のハッピーメタルでした。楽しくて明るいジャーマンメタルが楽しめそうですね。

111
M.E.T.A.L.

WELCOME TO PARADISE
NORTHTALE 「WELCOME TO PARADISE」(2019)8月21日発売予定

TWILIGHT FORCEの元シンガーChristian Erikssonが新たに立ち上げたNORTHTALEのデビュー作。脱退の経緯についてChristianは「バンドからメールでいきなり新しいボーカルが見つかったと伝えられた」と語っていて、これが真実だとすると事実上の解雇ということになりそうですね…。そんな彼のニューバンドはTWILIGHT FORCEほど壮大な音ではなく、よりストレートなパワーメタルになっていそうです。

Higher
Shape Your Reality
Sirens' Fall

DAWN OF THE DRAGONSTAR
TWILIGHT FORCE「DAWN OF THE DRAGONSTAR」(2019)8月16日発売予定

デビュー当初からリードボーカルを務めていたChrileonことChristian Erikssonがツアー中だった2017年10月に脱退(というか解雇?)、後任にTRICK OR TREATなどでの活動で知られるハイトーンシンガーAlessandro Contiを迎えたTWILIGHT FORCEの3rd。前作「HEROES OF MIGHTY MAGIC」(2017)で飛躍を遂げた彼等は、ファンタジックな世界を描くパワーメタルバンドの雄としてGLORYHAMMERと並ぶ注目株です。

Night Of Winterlight
Dawn Of The Dragonstar

【気になるCDリスト】
ANTHEM「NUCLEUS」(2019)
Black Empire
Immortal Bind

ASOMVEL「WORLD SHAKER」(2019)
World Shaker
True Believer

THE BRINK「NOWHERE TO RUN」(2019)
Break These Chains
Save Goodbye
Are You With Me

BLOODBOUND「RISE OF THE DRAGON EMPIRE」(2019)
Slayer Of Kings
Rise Of The Dragon Empire

CONCERTO MOON「OUROBOROS」(2019)
Change My Heart

CRASHDIET「RUST」(2019)9月11日発売予定NEW
Idiots
We Are The Legion
Reptile

CRAZY LIXX「FOREVER WILD」(2019)
Wicked
Break Out

THE DEFIANTS「ZOKUSHO」(2019)9月11日発売予定
Fallin' For You
Hollywood In Headlights

DUAL ALTER WORLD「ALTER EGO」(2019)9月18日発売予定NEW
chaos effect

ECLIPSE「PARADIGM」(2019)10月2日発売予定NEW
United

THE FERRYMEN「A NEW EVIL」(2019)10月9日発売予定NEW
A New Evil

FIND ME「ANGELS IN BLUE」(2019)
No Tears In Paradise
True Believer

FIRST SIGNAL「LINE OF FIRE」(2019)
Tonight We Are The Only
Born To Be A Rebel

FORTUNE「II」(2019)
Freedom Road
Shelter Of The Night

FREEDOM CALL「M.E.T.A.L.」(2019)8月21日発売予定NEW
111
M.E.T.A.L.

GRAND MAGUS「WOLF GOD」(2019)
Wolf God
Brother Of The Storm

KELLY SIMONZ「UNLIMITED NEOCLASSICISM」(2019)9月4日発売予定

LEVERAGE「DETERMINUS」(2019)
Burn Love Burn
Wind Of Morrigan

MAJESTICA「ABOVE THE SKY」(2019)NEW
Above The Sky
Rising Tide
Night Call Girl

NORTHTALE 「WELCOME TO PARADISE」(2019)8月21日発売予定
Higher
Shape Your Reality
Sirens' Fall

PALADIN「ASCENSION」(2019)
Awakening
Shoot For The Sun

SABATON「THE GREAT WAR」(2019)
Bismarck
Fields of Verdun
The Red Baron
Great War

SKELETOON「THEY NEVER SAY DIE」(2019)
They Never Say Die
I Have The Key

SOTO「ORIGAMI」(2019)
HyperMania
Origami
BeLie

STARBREAKER「DYSPHORIA」(2019)
Pure Evil
How Many More Goodbyes

STEEL PANTHER「HEAVY METAL RULES」(2019)9月27日発売予定NEW
All I Wanna Do Is Fuck (Myself Tonight)

TIMO TOLKKI'S AVALON「RETURN TO EDEN」(2019)
Promises (feat. Todd Michael Hall)
Hear My Call (feat. Anneke Van Giersbergen)
Godsend (feat. Mariangela Demurtas)

TURILLI / LIONE RHAPSODY「ZERO GRAVITY - REBIRTH AND EVOLUTION」(2019)
Phoenix Rising
D.N.A. (Demon And Angel)

TWILIGHT FORCE「DAWN OF THE DRAGONSTAR」(2019)8月16日発売予定
Night Of Winterlight
Dawn Of The Dragonstar

中島 卓偉「GIRLS LOOK AHEAD」(2019)NEW
「大器晩成」

人間椅子「新青年」(2019)NEW
「無情のスキャット」

摩天楼オペラ「HUMAN DIGNITY」(2019)
トレイラー

【CD購入録】GATHERING OF KINGS「FIRST MISSION」(2019)

  • 2019/07/30(火) 00:00:00

【CD購入録】
FIRST MISSION
GATHERING OF KINGS「FIRST MISSION」(2019)

Ron Dahlgrenとその妻のNina Dahlgrenが80年代に一世を風靡したPHENOMENA、今やHR/HMシーン屈指のプロジェクトとなったTOBIAS SAMMET'S AVANTASIAを意識して立ち上げたメロディックロック/AORプロジェクトGATHERING OF KINGSの1stアルバム。ラインナップはDahlgren夫妻がピックアップしたスウェディッシュHR/HM界のプレイヤー達で構成されていて、メインソングライターはSAFFIREなるバンドでも活動しているVictor Olsson(G)が務めています。僕にとって馴染みのある参加メンバーはRick Altzi(Vo/AT VANCE、MASTERPLAN)、Bjorn“Speed”Strid(Vo/SOILWORK、THE NIGHT FLIGHT ORCHESTRA)、Apollo Papathanasio(Vo/SPIRITUAL BEGGARS)、Erik Martensson(G/ECLIPSE)、Nalle Pahlsson(B/ex-TREAT)といったメンツですね。肝心の中身はというと、いかにも北欧らしい哀愁を湛えたメロディを軸とした極上のメロディックロックで初めて聴いた時はALIENのフロントマンJim Jidhedの5thソロ「PUSH ON THROUGH」(2017)を連想しました。複数のシンガーがそれぞれの担当曲を歌うというスタイルなのですが、一番印象に残っているのはメロディックロックを歌うイメージがほとんどないRick Altziですね。MVも制作されたアルバムリード曲にしてAORの王道をゆく③Love Will Stay Alive、物悲しいバラード⑥Passing Rain、本作の中では一際ハードな⑫Battle Cryなどタイプの異なる楽曲を見事に歌いこなしています。RickといえばAT VANCE、MASTERPLANのシンガーというイメージが強いのでドイツ人だとばかり思っていました(笑)。またアルバムをより魅力的にしているのがVictor Olssonのソングライティングとギタープレイでしょう。本作を聴いてSAFFIREというバンドも聴いてみたくなりました。なおGATHERING OF KINGSは本作リリース後にRickが歌うシングルHeaven On The Runを発表、2020年には2ndアルバム「DISCOVERY」が完成予定らしいので今から楽しみにしています。

【CD購入録】DEVIL WITHIN「DARK SUPREMACY」(2019)

  • 2019/07/26(金) 00:00:00

【CD購入録】
DARK SUPREMACY
DEVIL WITHIN「DARK SUPREMACY」(2019)

僕は未聴ですが「アンコウ」の愛称で親しまれている国産ラウドロック/メロデス系バンドUNDEAD CORPORATIONのリーダーでもある「社長」ことKENSUKE(B)KOUTA(G/THOUSAND EYES)、女性グロウラーのU(MERGINGMOON)に声をかけたことがきっかけで誕生したDEVIL WITHINのデビューアルバム。本作で聴けるのは怒涛のアグレッションと泣きのギターが交錯するデスラッシュ/メロデスなのでTHOUSAND EYESを彷彿とさせる要素が多いですね。DEVIL WITHINの場合、ピアノによるインスト⑥In the Moonlight以外は全曲が前のめりに疾走するタイプなので潔さを感じる反面、アルバムとしてはもう少し抑揚が欲しかったかなという気もします。とはいえ個々の楽曲はどれも身を乗り出してしまうほどのカッコよさを誇っているので、将来が楽しみな国産メロデスバンドがまたひとつ登場したと言えそうですね。

【CD購入録】BLOOD STAIN CHILD「AMATERAS」(2019)

  • 2019/07/22(月) 00:00:00

【CD購入録】
AMATERAS.jpg
BLOOD STAIN CHILD「AMATERAS」(2019)

ギリシャ人シンガーSophia嬢を迎え、トランスとメロデスの融合としてひとつの完成形を提示してくれた前作「EPSILON」(2011)発表後もシングル「LAST STARDUST」(2014)、「NEXUS」(2016)やEP「TRI ODYSSEY」(2017)をリリースするなどしていたものの、フルレンスアルバムとしては約8年振りとなるBLOOD STAIN CHILDの6作目。今回リードボーカルを担当しているのはSophia脱退後に加入したフィーメルシンガーKikiでも、その後任の男性ボーカルSaikaでもなく4th「MOZAIQ」(2007)で歌っていたSadew(Vo)が復帰を果たしています。過去に在籍したメンバーも迎えて制作した再録ベスト盤「THE LEGEND」(2018)のレコーディングにSadewが参加したことがきっかけで彼の再加入が実現したようですね。和製Anders Friden(Vo/IN FLAMES)と評されることもあるSadewの復帰は嬉しいし、本編ラストの⑪「皇~sumeragi~」などはバンドの新たな代表曲と呼びたくなるほどの出来栄えとなっています。全体的には「MOZAIQ」、「EPSILON」の方が僕好みのメロディが多いように思いますが、本作もBLOOD STAIN CHILDらしいサウンドが楽しめました。次のアルバムはまた8年後と言わず2〜3年のスパンで聴きたいですね、シンガーはもちろんSadewで。

【CD購入録】GYZE「ASIAN CHAOS」(2019)

  • 2019/07/18(木) 00:00:00

CD購入録
ASIAN CHAOS
GYZE「ASIAN CHAOS」(2019)

2018年末に中心人物Ryoji(Vo、G)の実弟でもあるShuji(Ds)が体調不良を理由にバンドから一時離脱することを発表、それに伴い従来のトリオから4人による新体制へと移行したGYZEの4作目。Ryojiがインタビューで「今はバンドメンバーとしてではなく家族としてShujiを見守っている」と語っていたので、新作は少し先になるかと思っていましたが早くもアルバムを届けてくれたバンドに拍手を送りたいですね。また内容の方もこれまで同様、泣きのギターメロディが乱舞しているだけでなく、過去作品では物足りなく感じることもあった歌メロに関しても耳に残るパートが増えていて充実の1枚に仕上がっています。雅楽の演奏者をレコーディングに招いたということもあって和楽器ならではのテイストと劇的なメロディが見事に融合している本作の強みは序曲の①Far Eastern Landから②Asian Chaosに雪崩れ込むアルバム冒頭でいきなり発揮されていますね。シングル「龍吟」(2018)にも収録されていた⑦Japanese ElegyMarc Hudson(Vo/DRAGONFORCE)が客演し日本語ボーカルを披露している⑧The Rising Dragonは試聴した時から強力なナンバーだと思っていましたが、アルバムにはそれ以上の楽曲が並んでいると思います。特に「かぁな しみぃ(哀しみ)、くぅる しみぃ(苦しみ)」と歌うサビが耳から離れない⑨White Territories、重いテーマを扱った⑩1945 Hiroshimaという日本語詞メインの本編ラスト2曲は僕の琴線に触れまくりです。現時点ではGYZEの最高傑作と呼びたいくらいの手応えを感じています。

【CD購入録】GLORYHAMMER「LEGENDS FROM BEYOND THE GALACTIC TERRORVORTEX」(2019)

  • 2019/07/14(日) 00:00:00

【CD購入録】
LEGENDS FROM BEYOND THE GALACTIC TERRORVORTEX
GLORYHAMMER「LEGENDS FROM BEYOND THE GALACTIC TERRORVORTEX」(2019)

RHAPSODY OF FIREに通じるRPG風の世界観を持ったストーリーをデビュー作から描いているエピックパワーメタルバンドGLORYHAMMERの3rdアルバム。過去2作品が素晴らしい出来だったので僕の中では注目の若手となっている彼等ですが今回もメロディや歌詞、MVに至るまでGLORYHAMMERらしさに溢れた仕上がりとなっています。本作ではバンド名を冠した勝負曲(?)⑦Gloryhammerを収録していて、ド派手な疾走チューンではなくどっしり構えたミドルテンポというのか意外でしたが「グローリ、ハマ!」のコーラスはつい一緒に歌ってしまいますね。そしてアルバムを締めくくる⑩The Fires of Ancient Cosmic Destinyは5つのパートからなる12分の大作で大仰なイントロやクサメロ、語りを織り交ぜながら目まぐるしく展開していく流れは聴き応え満点です。現時点でこのアルバムがバンドの最高傑作と呼べるかは微妙ながら、このバンドに期待するものをしっかり提供してくれる1枚ですね。

【CD購入録】BEAST IN BLACK「FROM HELL WITH LOVE」(2019)

  • 2019/07/10(水) 00:00:00

【CD購入録】
FROM HELL WITH LOVE
BEAST IN BLACK「FROM HELL WITH LOVE」(2019)

自身のバンドだったはずのBATTLE BEASTから追放されるという憂き目に遭ったAnton Kabanen(G)が立ち上げたBEAST IN BLACKの2作目。デビューアルバム「BERSERKER」(2017)もなかなかの充実盤でしたが、今回もメタリックな攻撃性と親しみやすいポップなメロディが融合した作風となっています。アルバムの幕開けとして申し分のないハードドライヴィングチューン①Cry Out For A Hero、ポップな側面を強調したタイトル曲②From Hell With Love、一度聴いただけで覚えてしまうビッグなコーラスを持った③Sweet True Liesまでを聴いて今回も素晴らしい1枚となることを確信しました。効果的に使われたシンセとノスタルジックなメロディが印象的な⑤Die By The Blade、⑧True BelieverもBEAST IN BLACKらしさ満点だし、アルバム中盤に配された唯一のバラード⑥Oceandeepも効果的。本編ラストを勇壮なファンファーレが響く文字通りの鋼鉄ソング⑩Heart Of SteelYannis Papadopoulos(Vo/ex-WARDRUM etc)の強烈なシャウトが冴え渡る⑪No Surrenderで締める構成も熱いですね。Anton Kabanenは僕にとって現代メタルシーンにおける重要人物の1人となりそうな予感がしています。